日本は書類なしで働くために中国語を11ヵブ

Image: abcnews

 

日本の警察は、月曜日、旅券や適切な査証を持たない建設現場で働いている疑いで、北京で11人の中国人を逮捕し、その後数十人の仲間が逃げ出したことを発見したと発表した。

北海道警察は、27歳から62歳の11人の中国人11月26日、日本の北部本島南西部の喜子町の駅の近くで逮捕されたと語った。警察によると、2人はパスポートなし、9人はビザを過ぎたとされているという。

日本のメディア報道によると、東京近郊の会社の太陽光発電所建設現場で労働者が動員された。当局者は、逮捕後に建設現場から姿を消した中国人46人を探していた。

高齢化が進む日本は深刻な労働力不足に直面しているため、外国の労働力は急速に増加し、時には不法に、あるいは苛酷な労働条件で増加しています。

建設は、2010年の東京オリンピックに先駆けて日本が観光を強化するための基盤整備を加速するため、労働者が特に必要とされるセクターです。

日本は建設、農業、その他の青い職種の雇用を増やす法案を議論している。その国は、未熟な外国人労働者の受け入れに長い間抵抗してきた。

日本はアジアの労働者の職業訓練を主に提供するように設計された長年にわたるインターンシッププログラムを持っているが、強制労働として権利団体によって批判された貧困環境下でしばしばである。昨年、政府の統計によると、27万人の技術インターンのうち約7000人が逃亡し、虐待を受けて逃げ出した。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


one + 9 =