日本は岐路に立つ:防衛産業の成長はどうか?

Image: Yumi Kanai

 

日本は、国内の防衛産業を維持し、国防費の価値を高め、外国の既製のシステムを買うことによって必要とされる能力を導入するという難しい選択肢に直面している。

この問題は、米国の同盟国が中国の軍備増強や北朝鮮のミサイルや核計画などに憂慮し続けていることから来ている。

日本の防衛産業は、破壊された経済を再建しようとしたとき、すぐに第二次世界大戦の終わりに来た。ドイツのFreieUniversitätBerlinの東アジア研究科のポスドクのCorey Wallace氏によると、日本は自国の防衛産業基盤のために必要な技術を育成する意識的かつ体系的な試みであるコクサンカを採用した。

ライセンス契約やその他の技術移転・買収の方法を通じて、戦後日本政府は、必要と思った最も重要なプラットフォームを特定し、それらを家畜化しようとした。今日、日本の地場産業は、米国のエージス戦闘システム、レーダー、ミサイル、大部分の陸戦システムなどの重要なシステムにもかかわらず、全国の軍艦と潜水艦を生産しています。

こうした能力にもかかわらず、日本の防衛産業基盤には多くのハードルがあります。これらの中でも、単価の上昇を招く比較的小さな国内市場と、日本独自の独自の要件のセットがあり、時には海外での販売が困難な別注製品が作成されることがあります。

小さな国内市場はまた、競争がほとんどないことを意味しています。また、日本の新聞朝日新聞が原材料費も含めた原価に契約者の利益を加えた「コスト計算方法」によって製品の価格が決まると、それは「オープン」請負業者がプライムコストを抑えるためのインセンティブをほとんど持たないため、コスト高騰への招待」

これの一例は、C-2エアリーフターです。日本は、2016年以来、最終的な要求40のうち7機のC-2機を発注した。この遅い生産率は、C-2が航空機1機につき約2億1000万ドルを要するということを意味する。来年度には2機の航空機を調達するよう求めている。

これは、北朝鮮の弾道ミサイル脅威に対する高価なミサイル防衛システムに焦点を当てる必要性と相まって、日本の防衛予算は今年初めに財務省が防衛当局C-2の代わりにより安価なエアリーフターを取得するという選択肢を検討する。

A Japan Air Self-Defense Force Kawasaki C-2, assigned to the 403rd Tactical Airlift Squadron of Miho Air Base, takes off at Yokota Air Base, Japan, on Sept. 17, 2018. (Yasuo Osakabe/U.S. Air Force)
Image: Yasuo Osakabe

地政学的・国内的産業界の最近の動きを踏まえ、日本はウォレスが「選択と集中」と呼んでいるのは、防衛産業基盤が、特に戦闘機や弾道ミサイル防衛のような分野で絶対的な自治を達成できないことを認めている。 開発プロセスにおいて国際協力が必要である。

海外パートナーシップ

外国のパートナーとの協力は、日本が2つの重要な航空宇宙プログラム、すなわち新しい空対空ミサイルと次の戦闘機の開発を進めているように思われる。

日本は、日本のAAM-4B空中戦ミサイルのアクティブ電子走査アレイレーダーシーカーと、欧州のMBDA流星ラムジェットで視界を超えた空対地ミサイルとを結ぶ合同新空対空ミサイルを開発中であるエアミサイル。

ミサイルは、日本の航空自衛隊による使用を意図しているが、プログラムは長いタイムライン上にあるようだ。レポートには技術的な作業は行われていないことが示されており、最初のプロトタイプは2022年4月以降のテストショットの準備ができており、プログラムを続行するかどうかの決定が下されます。

次世代戦闘機に関しては、今年初めに複数の海外メーカーからの情報提供を受けて、日本は共同開発計画の実現可能性を検討していると伝えられている。現地のメディアはこのストーリーを追跡しているが、今年後半には日本の5カ年中期防衛策が公表されるまで正式な情報は不足している。

日本は開発のために外国のパートナーと結びつくだろうと広く考えられているが、リスクとコストの高騰にもかかわらず、全国の戦闘機プログラムへの希望を残している人もいる。日本は三菱F-2sが2011年にラインを転用して以来、現地で戦闘機を建設していない。

しかし、日本の戦略戦略研究フォーラムの上級研究員である米退役軍人役員グラント・ニューシャム(Grant Newsham)は、今年初めに防衛分野にもっと費やすことを検討すべきだとし、今年の数字は約50億ドル今後5年間に年間70億ドル以上増加します。

世界第3位の経済大国である彼は、「日本は、防衛に適切に資金を供給するために必要なすべての資金を持っている」と述べた。必要な金額は公共事業のいくつかのプロジェクトでの廃棄物や不正行為とほぼ同じですが、そうしないことを選択しています。

来年度の日本の最新の国防予算要請は、480億ドルで、前年割れ予算から2.1%増加し、国家にとっては最高の防衛予算となる。その額は国内総生産のおよそ1%であり、公式の政策ではないが基本的に防衛予算の上限になっている。

特に、日本はロッキード・マーティンF-35AライトニングII合同打撃戦闘機の大部分を最終的に組み立てており、最終的に現在稼動中のF-4EJカイ・ファントムII機の代わりとなる。政府は、海上自衛隊のヘリコプター駆逐艦のフライトデッキを装備するために、短距離離着陸型F-35Bを検討していると示唆して、F-35をさらに購入したいと伝えられていると伝えられている。

輸出の課題

日本は、安倍晋三首相の下で、政府が日本経済を押し上げる手段と見なす防衛輸出禁止を終わらせた。日本の防衛企業は、オーストラリアの潜水艦要件とフランスとドイツの新しい海上哨戒機の要件に至るまで、いくつかの国際的な取得プログラムを実施し続けている。

しかし、これらの輸出機会は、日本の企業が世界的な武器市場のより高いレベルでより経験豊富な競争相手に精通しておらず、より安価な代替品によって価格設定されているという事実だけでなく、下端に

そして、その品質は間違いなく、日本の製品は輸出市場において、国内市場の要求によって制限されることがあります。 C-2の場合、短距離または不十分に準備された滑走路で航空機が操縦する必要はなく、ニュージーランドでは戦略的および戦術的に空中給油を行う航空機を探している可能性が高い。

この場合、ニュージーランド空軍が南太平洋諸島への定期的な運航、特に自然災害の後の人道援助と災害対応任務を担当しているため、準備ができていない滑走路からの操縦能力は重要です。

Newsham氏は、最近の規制緩和にもかかわらず、日本の大企業の大部分が防衛事業を収益性の高いものとは考えていないため、日本企業が国際防衛市場に参入するための大きな努力はなかったと指摘した。

業界に精通している日本の他の情報筋は、ディフェンス・ニュースとの話し合いにおいて、この見解を裏付けています。 ニューズサマン氏によると、防衛産業の輸出規制の緩和を余儀なかった政府にもかかわらず、安倍首相は海外で事業を展開しようとしている日本の防衛企業を積極的に支援していない。
Source :

Defense News

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


16 − fifteen =