日本は中国のHuaweiとZTEを政府契約から効果的に排除し、米国に加わる

Image: washingtonpost

 

日本政府は、月​​曜日に、中国のHuaweiとZTEを正式に契約することを禁止し、中国の3大通信事業者はこれに追随する計画を発表した。

このニュースは、ファウワイの最高財務責任者が、米国政府がイランに対する制裁を回避しようとしていると主張して、カナダで論争を受けて逮捕された後の別の後退だ。

日経新聞によると、日本政府のガイドラインは機密情報の漏洩を防ぐために設計されており、中国企業の名前は言及していない。

今年初め、米国議会は、米国政府と請負業者の使用を大幅に禁止する法律を可決した。日経は、ワシントンが中国製の機器を使用する際のセキュリティリスクについて東京に情報を与えたと報じた。

オーストラリアとニュージーランドは、Huaweiが中国政府との可能性を懸念して5世代(5G)ネットワークを構築するのを妨げている。

政府や自衛隊によるパソコン、サーバ、通信機器の購入は、機器に埋め込まれたウイルスがシステムを破壊したり、軍事作戦などの機密情報を中国に漏らしたりする懸念があることを日本側が禁止すると日経新聞。

しかし、安倍晋三首相は、新規則は特定の企業をターゲットにしていないと述べた。

「サイバーセキュリティを確保するために、悪意のある機能を備えた機器を確保しないことを確実にすることが非常に重要であることを認識している」と述べた。

「この問題に関連する省庁は今日、政府内のIT調達に関するサイバーセキュリティを確保するために会合した」と同氏は述べた。 「各省庁にどのような制度や調達手続きを保護すべきかを規定することが目的であり、特定の企業や機器を排除することではない」

[トランプは中国の指導者と食事する前に華為幹部の逮捕について知らなかった]

中国との関係は近年改善されており、安倍氏は10月に中国を訪問し、関係を「新しい歴史的方向」に向けることを誓った。

しかし、Huaweiに関する論争は刺激になるかもしれない。

この発表に応えて、中国外務省の盧康(Lu Kang)スポークスマンは、日本への中国の投資は「勝利」に基づいており、同社の「差別的扱い」に対して警告した。

「われわれはまた、日本側に、中国企業の運営と発展のための公平で透明性の高い差別化されない環境を提供するよう求めている」と述べた。 「中国側は、日本側の関連規制の実施に細心の注意を払う」と述べた。

先月、日本の中国大使館は、ウェブサイトに「HuaweiとZTE製品にセキュリティ上のリスクがあるという証拠はない」と声明を発表した。

共同通信社によると、日本の大手通信事業者3社(NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク)は、現在のネットワークと今後の5Gギアで中国の2社の機器を使用しないことで政府の指揮を執ることを計画している。しかし、3社はロイター通信に対し、まだ決定を下していないと伝えた。

DocomoとKDDIは中国の2社の機器をほとんどあるいはまったく使用していないが、ソフトバンクはネットワークにHuawei機器を使用しており、日本企業の株価は3.5%下落した。

日本には2つの研究開発センターがあり、大きな給与を出して日本人卒業生を引きつけ、日本からは43億ドル以上の援助を調達している、と日系人は話している。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


13 − five =