日本は一番ホットな目的地

Image: Thestar

 

春祭りの休暇中に訪日する中国の旅行者の熱意は、日本円の高騰や外国人旅行者に課税される出口税にもかかわらず、依然として高いままです。

中国最大のオンライン旅行代理店であるCtripによると、2月上旬に開催される1週間の春祭りでは、タイに次ぐ日本は中国旅行者にとって最も人気のある旅行先です。

1月4日までに、春祭りを日本で過ごすために旅行を予約した旅行者の数は、前年比で40%急増しました、そして予約の彼らの一人当たりの支出は、平均9000元(RM5,457)です。

Ctripによると、人気の路線の半分以上が売り切れとなっているという。

1月7日から、日本政府は日本を出発するフライトやクルーズを利用する外国人旅行者に1,000円(RM38)の終了税を課すようになり、そのお金は彼らのフライトやクルーズのチケットに追加されます。

業界アナリストは、出口税は日本を訪れる中国人旅行者のコストを増加させるだろうと述べたが、それは金額が少ないので、旅行を計画している人々の意欲に影響を与えることはありそうもない。

「私はまだ日本に行きます。私が追加のお金を払うのは大丈夫です。 29歳の北京在住の従業員であるBai Yu氏は、次のように述べています。

これまでのところ、Ctripは春祭りの休みの間に日本の旅行用品で数万の予約を受けています。

昨年の春祭りでは、日本でテーラードツアーを選択した中国の消費者と日本のビザを申請した中国人の数の両方が大幅に増えました。

昨年、ツアーグループで日本を訪れた中国本土からの旅行者は旅行商品の予約に1人当たり6,516元(RM3,907)を費やしたが、単独で旅行した人は平均1人当たり6,789元(RM4,071)を費やした。

2018年1月から11月にかけて、日本を訪れた中国本土からの778万人の旅行者、前年比14.6%の増加。

この間、中国本土の旅行者は日本を訪れた外国人旅行者の27.24%を占め、日本観光庁によると、彼らは引き続き最大の観光旅行者の地位を占めています。

「過去数年間で、海外からの旅行者の急増は日本の交通機関や宿泊施設に大きな圧力をかけてきました。日本政府は税金の徴収がインフラ、観光施設、旅行者の経験の改善に役立つと考えました」 Xiao Yinyuan、Ctripのアウトバウンドツアーディレクター。

一方、日本円は最近の中国人民元に対して上昇しているが、日本へのほとんどの旅行商品の価格は横ばいのままである、とCtripは述べた。 – 中国日報/アジアニュースネットワーク

Source :

The Star

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


ten − seven =