日本はアジアをリードできるか

東京がインド太平洋戦略を策定する際に修辞学的リーダーシップを取り戻すための実行可能な方法があります。

Image: Nationalinterest

 

ドナルド・トランプ大統領は最近、「自由で開かれたインド太平洋」(FOIP)が米国のアジア政策の一部になると発表しました。それは、ルールベースの国際秩序を維持するための努力において、南アジアの日本と東アジアをインドに結び付ける戦略的ビジョンです。 FOIPは南シナ海での中国の主張に対する強力な対応策であり、おそらくアジアからヨーロッパに及ぶ中国のベルト・アンド・ロード・イニシアチブに対抗するためのツールです。

FOIPは新しく開発された概念ではありません。それはもともと2006年に日本の安倍晋三首相によって提唱されました。インドと太平洋地域は、日本、インド、アメリカとオーストラリアのような志を同じくする民主主義の国によって維持される戦略的地域に統合することができます。米国は当時安倍の考えを支持しなかった、しかしトランプ政権は中国の経済と軍の台頭に対抗することを目的とするこの戦略的なビジョンを支持するように思われる。

インド – 太平洋の戦略は確かに日本、アメリカそして他のアジア諸国に大きな願望と機会をもたらすかもしれません。しかし、この段階では、この提案は制度とアイデンティティ形成の間に深刻なギャップに遭遇します。インド太平洋の考えを神話から現実のものに変えることは、アジアの政治学における学術的および政策論争の両方を引き起こしました。インド、日本、またはインドネシアが国益を超えて集団の理解に達することができるかどうか – インド – 太平洋のアイデアの成功は共通のアイデンティティの形成にかかっているので、それは特にアジアの主要国にとって差し迫った問題です。したがって、接続性、多様性および協力に焦点を当てながら、アジアでインド太平洋戦略を実行する上での日本の外交政策のロードマップを作成する必要がある。

FOIPへの米国とオーストラリアからの参加が戦略における日本の役割を薄めるかもしれないという懸念のために、現在日本では激しい政策論争が広まっています。しかし、インド太平洋戦略の策定において、日本政府が修辞学的指導力を取り戻すための実行可能な方法があることに注意すべきです。西部の支配を拒絶し、多様性を通じた独立を得るという「グレーターイーストアジア共栄圏」からの2つの要素は、日本の政策論議に賛否両論を提供する。具体的には、汎アジア主義に関する日本の言説の背後にある修辞学的根拠および論理的根拠を再検討することによって、安倍政権は日本国内の視聴者と国内の双方で共鳴を得るという戦略的機会をつかむのに役立つ。中国と米国の間の激しい電力競争に直面したとき、日本政府は拡張主義勢力として描かれていることの悪影響を最小限に抑え、発展途上国とのパートナーの肯定的なイメージにつながることができます。

戦前の日本からの教訓

1930年から1940年代にかけて、日本は東アジアから東南アジア、そしてインドオセアニアにまで及ぶ地域的概念である「グレーターイーストアジア共栄圏」を提唱しました。当時のコノエフミマロ首相は、当時は「日米の平和主義を拒絶すべきだ」と強く示唆していたので、日本主導で西洋植民地の力から解放されたアジア諸国の創造を目指した。しかし、このイニシアチブは後に日本の軍国主義者によって帝国建設と領土の拡大を支援するために割り当てられました。第二次世界大戦の終わりに日本が敗北しても、共栄圏の概念は、経済成長にもかかわらず、日本の満たされていない願望として残っていました。一見すると、日本が過去から学ぶことができるのは、「世界秩序に挑戦しない」ことであり、また「自由主義的機関と積極的に統合すること」です。

しかし、共栄の概念のもう一つの側面である多様性と開発は、日本がどのようにしてFOIP戦略の将来を形作る上で大きな可能性を秘めているかを明らかにします。アジアの外交と外交における日本の外交は、繁栄、統合、そしてアジア諸国間の自立についてのこれまでの議論を再検討することによって、より幅広い支持を得るかもしれない。安倍首相は、インド太平洋戦略を提唱しながらこれらの性格を詳述することができる。

多様性とのつながり

共栄圏からAbeが学ぶことができることは、アジアとそれ以降の発展途上国のための発展と繁栄への包括的で多様な方法を構築することにあります。当初のコンセプトは独立を通じた西洋支配からアジア諸国を解放しようとしたものであり、中国とアメリカの間の激しい勢力競争に直面したとき、このアイデアの本質は依然としてアジア諸国間の共鳴を持っています。この意味で、日本は発展途上国と大国の間の信頼できる仲介者として役立つべきです。

例えば、日本はアフリカとの経済協力と持続可能な開発を強化するためにインドとのアジア – アフリカ回廊(AAGC)を積極的に推進することができる。エネルギーとインフラに焦点を当てているベルト・アンド・ロードのイニシアチブとは異なり、日本とインドはAAGCの開発プロジェクトにおける共存圏から「独立と多様性」の修辞を借りることができます。カスタマイズされた開発計画

共存圏を通じてFOIPについて話した日本人はほとんどいません。なぜなら彼らはこれらの概念が互いに反対であると考えているからです。これらの仮定は、共存圏の本質は、より有望ではあるが実現されていない要素、文化の多様性、地域のつながり、経済発展に等しく注意を払うことなく西欧主導の国際秩序に挑戦することを目的としているという従来の説明に基づいていた。

インド太平洋戦略の将来:拡大主義者のレトリックを避ける

共栄圏の概念からの言葉はまた、日本の戦時史が、国家主義的言説が外交政策の考えを「日本の利益」に絞り込むか、あるいはそのような言説をアジア諸国の単なる宣伝として見せることを示したことを示している。したがって、インド太平洋戦略の本質は、中国を誘発し、他のアジア諸国に日本の植民地時代の過去を警告するべきではありません。

さらに重要なことには、日本は公式の声明を特に中国に対してターゲットにすることを控える必要がある。例えば、東京のこれまでの「自由と繁栄の弧」の外交は北京に向けられており、この修辞学は暗黙のうちに中国の台頭がアジアに脅威をもたらす可能性があると仮定していた。現在のFIOPの言説は、民主主義、人権、そして法の支配といった西洋の自由主義的思想のアジアへの広がり、さらにはそれを超えることを強調している。そのような修辞学的戦略は、FOIPメンバーと中国の間に地域的緊張を生み出すという反対の効果を容易に導き、それは発展と多様性の見通しを損なう。 「多様性とのつながり」という約束されていない約束は中国に対するターゲティングを避け、協力の余地を広げるので、日本はFOIP政策談話の再構築に積極的に参加することができ、また積極的に参加するべきである。

安倍首相が最近アジア・アフリカ首脳会談で述べたように、アジアとアフリカは開発のための活気に満ちた土壌です。日本とインドは、これら2つの地域の発展途上国にとって信頼できるパートナーになることができます。共栄の概念の2つの本質は、日本のエリートがどのようにしてアジアおよびそれ以上の地域でアイデアや政策を提唱する修辞的な起業家になることができるかについての洞察を提供します。歴史から学ぶことができる限り、日本はインド太平洋戦略の策定においてより大きな役割を果たすことができる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


1 × one =