日本はより多くの外国人労働者を求めているが、日本を望んでいないかもしれない。

Image: japantimes

 

人口の高齢化による労働力の強化を目的とした外国人労働者雇用制度の導入に関する法律が制定されてから数日が経過してから、他の先進国と競争して海外から住民を惹きつけることが困難であることが分かった。

ギャラップの調査によると、全世界の自由があれば、1億2,600万人の人口はわずか1%しか増加しないが、カナダは147%、米国は46%だが、日本の人口は17歳それは言った。

先週制定された改正移民法は、承認プロセスが急いでいるとの批判があっても、4月に発効する予定だ。日本は、高齢者ケア、建設、農業などの分野で空席を埋めるために奮闘している。

反対派の抗議に続いて、政府はこのプログラムの最初の5年間に入国する34万5,000人の労働者の予測を出した – 労働不足を埋めるために必要な人数の約4分の1に過ぎなかった。

IMD世界競争力センター(IMD World Competitiveness Centre)は、台湾とエストニアに次ぐ才能を育成し、能力を伸ばす能力の面で63カ国のうち29位にとどまった。小売業、製造業、サービス業は、ほとんどの外国人労働者を占めています。

しかし、国に移住する人は、他の国よりも敵対的な受け入れを期待していないかもしれません。ピューリサーチセンターの調査によれば、日本の回答者の13%のみが移住者が多すぎると回答したが、58%が現在の数字が正しいと答えており、23%がもっとそうでなければならないと答えた。英国の回答者の37%、フランス人の41%、韓国人の28%が、移民が多すぎると答えた。

Source :

Japan Times

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


4 × 3 =