日本の気候政策改革

Image: theconversation

 

異常に強い台風、大雨、洪水の被害が、2018年にわたる日本の有名な都市インフラストラクチャーの弾力性をテストしました。気象現象は気まずいものではなく、ますます一般的になっています。彼らは気温が上がるにつれて悪化するだけです。それにもかかわらず、日本は世界で5番目に多い温室効果ガス汚染国である。地球温暖化を摂氏2度に抑えるためには、ほとんどシェアを取っていません。

A pedestrian passes by fluorescent light tubes displayed outside a light bulb store in Tokyo's Akihabara district, Japan, 10 August 2017 (Photo: Reuters/Toru Hanai).

エネルギー関連の温室効果ガスの排出量が日本の排出量の大部分を占めているため、これらを削減することが、日本の気候政策を推進する上で重要です。再生可能エネルギーの発電量は拡大していますが、原子力発電所の消滅によるギャップを埋めるにはまだ足りません。その代わりに、ガスおよび石炭火力発電所は現在、廃止された原子力発電所を補う。

2016年の日本の温室効果ガス排出量は、日本が約束している2030年目標の25%から、2005年の水準をわずか1.6%下回っています。これらの排出の最悪の供給源である石炭は、日本の発電の33%を占め、天然ガスは38%を占めた。これらのレベルは、日本のエネルギー・ミックス2030の文書で想定されていたよりも、それぞれ7%と11%多い。

最近、日本政府は電力と輸送部門を脱炭素化するための基本的水素戦略を開始した。しかし、水素は実際にエネルギー源ではありません。むしろ、それは排出を削減するために緑色の電気を必要とするエネルギーキャリアです。これは、現在想定されているものよりも再生可能エネルギーの方がずっと大きなシェアを必要とすることを意味する。日本政府はここ数年ではるかに安価になった再生可能エネルギーだけでなく、他の政策オプションも検討する必要があります。

一見すると東京は成功のようには見えない。しかし、それは注目すべきモデルを提供します。

東京都の最終エネルギー消費量と温室効果ガス排出量によると、首都圏の排出量は2014年には約660億トンに達し、2005年の水準から9.2%の増加となった。しかし、同時期に東京の人口は6.4%増加した。

この数字は、2010年に福島原発の直前に東京が排出した650億トンに非常に近いものです。以来、東京電力の原子力発電所は閉鎖されていたにもかかわらず、東京電力は原子力発電所の一部を閉鎖しなければならない時から、2002年と2007年の水準を下回っていた。東京の政策は、人口の増加や原子力発電所の廃止にもかかわらず、市が排出量を規制することを可能にしている。

東京都は、国の気候よりも大胆かつ広範な気候保護対策を導入している。 2010年には、世界初の二酸化炭素排出上限と貿易プログラム、都市レベルの排出権取引システム(ETS)が導入されました。市場ベースの政策手段として、東京のETSは、日本環境省が求めている二酸化炭素税には足りない。しかし、それは国の自主的な排出削減を超えています。

ETSは、産業施設、公共施設、教育施設、商業ビルなど1000を超える大規模施設をカバーしています。 2010年から2014年にかけて、これら施設は施設のタイプに応じて排出量を6〜8%削減しました。東京は2015年から2019年の15-17%の削減要件を満たす見込みです。

福島事故の後、東京都は省エネルギーと効率化をさらに進めました。暖房便座をオフにし、不必要な照明を取り除き、エネルギー効率の良いLED電球を入れ、東京の公共ビルに効率的な暖房システムを設置しました。いわゆる「クールビズ(Cool Biz)」キャンペーンを使用して、企業はオフィスのドレスコードを緩和してオフィス内の気温を高められるように呼びかけました。

また、政府の指導者は、公共交通機関の運航者を乗せ、東京の多くの列車や駅にエネルギー削減措置を拡大しました。不要なライトの取り外し、昼間のライトの消灯、列車の空調の削減などが含まれます。その結果、東京での電力消費量は2010年以来10〜15%減少しました。

東京都は原子力発電所を再始動することなく排出量を削減する方法を示している。日本の気候政策のモデルを提供しています。日本政府は、気候変動に関する国連枠組み条約第24回締約国会議(COP24)の2018年12月の気候変動会議を、ポーランドにおける気候政策の見直しの機会とするべきである。

日本は、エネルギー効率、保全対策、ETSを組み合わせて、より再生可能なエネルギー利用を推進することで、東京のリードを追い、温室効果ガスの排出を削減する時が来た。エネルギー需要を低下させると同時に、電力供給を緑化しながら、日本の気候政策を軌道に乗せる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


4 × two =