日本の核輸出闘争は供給者の分野を狭める

Image: Shutterstock.com

日本は、高価で競争の激しい世界的な原子力市場で、その原子炉技術のための実行可能な外国のバイヤーを見つけるのに苦労しています。

信頼できる核輸出能力を現在持っているのはわずか半ダース国だけである。そして日本以外に、少なくとも2つの真の輸出の可能性 – アメリカ。そしてフランス – は疑わしい。

毎日新聞に掲載された最近の報道によると、原子力技術を輸出する政府の戦略は「安全コストの上昇とプロジェクトの収益性の見通しの悪化の中で荒廃している」という。

毎日新聞によると、トルコと英国で提案されたプロジェクトは両方とも障害になった。報告書は、日本が数十年以内に中国製の原子炉を輸入しなければならないかもしれないと予測した専門家を引用した。

先月号の報道によると、日本の原子力輸出を希望する3つのコングロマリットのうちの1つである三菱重工業(MHI)は、依然としてトルコで原子炉取引を進めていると語った。

「実現可能性調査報告書は現在、トルコ政府とエネルギー天然資源省によって評価されており、三菱重工業は引き続きこの取り組みを支援する」と記者会見で述べた。

しかし、Nuclear Economics Consulting Groupの主席コンサルタントであるEdward Kee氏は、アラブ首長国連邦などの他の潜在的な購入者は、加圧水型原子炉(PWR)設計を支持する日本の沸騰水型原子炉(BWR)技術を避けていると述べた。

「市場はPWR設計を好むように思われるので、日本のBWR設計は不利であるように思われる」とKeeはGTMに語った。 「UAEは最新の大型原子力発電所であり、PWR設計を優先していました。」

同様に、サウジアラビアと南アフリカでの最近の核調達計画はPWRに限定されている、と彼は言った。

日本の核の後退

あまり知られていない技術を宣伝することに加えて、日本の原子力ベンダーは彼らの専門知識を海外に売ることにおいて他の2つのハードルに直面しています。 1つは、2011年の福島第一原発事故の後、日本で新しい原子炉の建設が停止したため、開発者の新造形信任状がちょっとほこりっぽく見え始めたことです。

浜岡5号機、柏崎刈羽6号機、7号機など、初期のAdvanced BWRプロジェクトの構築における日本の経験は、「​​今では数十年前」と述べた。

また、そしておそらくもっと重要なことに、日本の原子力ベンダーは中国、ロシア、韓国の開発者のように国有ではありません。そのため、日本企業は、金融へのアクセスとリスクの許容という点で不利になります。

しかし、これらの問題は日本企業に限られたものではありません。それらは米国にも適用されます。ベンダー。

アメリカの闘争核兵器セクター

日本の原子力は少なくとも自宅では緩やかな回復の兆しを見せているが、米国では9基の原子炉が再稼働を見込んでいた。国内部門はめちゃくちゃです。

今月、Dominion EnergyがScanaCorporationを吸収したのは、後者がVirgil C. Summer原子力発電所で2基の原子炉を建設できなかったためです。

ジョージア州の国会議員らは、100マイル強離れたところで、すでに予定よりも半年間遅れているAlvin W. Vogtle発電所の2つの新しい原子炉がさらに遅れる可能性があると懸念を表明している。

合計104のうち6つの原子炉がアメリカ中で停止した。 2012年以降、気候エネルギーソリューションセンターによると、さらに13が2025年以前に閉鎖される予定です。

一方、マサチューセッツ工科大学による2017年の調査では、米国の3分の2が見つかりました。原子力発電容量は今後数年間で不採算になる可能性があります。

米国が公有の場合原子力開発者は、参入するための実行可能な国内市場さえ持っていません、彼らがどう海外で競争するかもしれないか見るのは難しいです。アメリカを復活させるための努力が進行中です原子力産業だが、業界の支持者たちはもっと多くの支援が必要だと言っている。

アメリカ原子力輸出の見通しは、このように日本のそれと非常に似ているように見え始めています – そしてまたフランスでは、その彼らはその進化型原子炉技術を立ち上げるのに苦労しています。アメリカのようにそして日本、フランスは、国の保証を海外の原子力プロジェクトに結び付ける意欲はほとんどないようです。

原子炉のコストと遅延に対する永続的な懸念を考えると、中国、ロシア、韓国の国有企業だけが、外国の原子炉契約を争う立場にあることが増えています。そして、それはアメリカに思われるかもしれませんが驚くべきことオブザーバーは、奮闘することがたくさんあります。

不安定なアメリカ市場にもかかわらず、2018年に10ギガワットの新しい原子力発電所が世界中でオンラインになったと博士は述べた。世界原子力協会の上級コミュニケーション責任者、Jonathan Cobb氏。

「そして2019年には約15ギガワットが予想されており、これは1980年代以降に見られた最高水準である」と彼は述べた。 「世界が化石燃料からの移行を模索している中、この原子力新築建築物の増加は続くはずである。そのため、政府が利益を得たいのであれば、政府は自国の産業を支援すべきである」

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


18 + nine =