日本の東シナ海の悪夢:あまりにも多くの中国の戦闘機と軍艦が対抗する

紛争中の東シナ海の島の鎖を巡回している膨大な数の中国の軍艦や軍用機は、日本自身の船や飛行機を圧倒する恐れがあります。

Image: Nationalinterest

 

紛争中の東シナ海の島の鎖を巡回している膨大な数の中国の軍艦や軍用機は、日本自身の船や飛行機を圧倒する恐れがあります。

不均衡は日本にとって悪化する可能性があります。

無人の尖閣諸島は、中国本土の東、台湾の北東、日本の沖縄県の西にあります。それらの場所は中国と日本にとって戦略的に価値があります。両国は島々を主張しています。

2012年、日本政府は個人所有者から尖閣チェーンの3つの島を購入しました。

カリフォルニアのシンクタンク、RANDによると、東京が3つの島を購入したことで北京は「激怒」した。 RANDが2018年の報告書で説明したところによると、この買収により、中国の指導者たちは尖閣諸島周辺での軍事的な海上および空中作戦を大幅に後押しした。

2015年までに、両国は直接の競争にあった。中国の2015年の防衛政策文書では、日本の軍事近代化を「重大な懸念」と呼んでいました。同じ年の自国の防衛政策で、日本は潜在的な脅威として中国を挙げました。

尖閣周辺では軍事力が急増した。

中国の展開は、中国による軍事力の拡大に関する広範な主張の一部でした。 「中国はこの地域の支配的な勢力として日本を追い越そうとしている」とRANDレポートの著者は書いている。 「その努力の一環として、中国は尖閣諸島に対する日本の行政統制に挑戦し、日本との軍事紛争へのエスカレーションを回避しながらその地域で統制を行使できることを実証することを意図している」と述べた。

そして日本軍は追いつくのに苦労しています。 「業務のテンポの増加は、中国のプレゼンスに匹敵する日本の能力を圧迫している」とRANDは報告した。

「2012年の終わりまでに、日本の沿岸警備隊は、中国の沿岸警備隊の船が9月11日以来68回、尖閣の領海に侵入したと報告した」と、ランド氏は説明した。

「2013年には188隻、2014年には88隻、2015年には86隻、そして2016年には121隻が、このキャンペーンを続けた。2014年半ば以来、平均して中国政府の艦船は月に7〜9回隣接する区域で70から90の侵略を実行した – その中で州は強化された管轄権を行使することができるが、それは領海のそれらのような主権領域を構成しない。

RANDの研究者らは、同様の競争が空中で行われたことを見出した。

「2012年12月13日、中国の国家機関である国家海洋局に所属するY-12型航空機が、当時45年に及ぶ記録保存の歴史の中で、日本が領有権を主張する空域への初めての不正侵入を行った。尖閣諸島を通り過ぎることに

一方、2013年11月、中国は尖閣諸島を越えて東シナ海に広がる東シナ海防空識別区域の形成を発表しました。ゾーンは、IDと重複しています。日本および他の近隣諸国の地域。

「中国国防省の声明によると、ゾーンに進入するすべての航空機は中国当局に自分自身を識別させなければならず、彼らがADIZを支配する規則に従わなければ緊急の軍事措置の対象となる」とRANDは述べた。

外務省は、北京がADIZを設立したことを「非常に危険だ」と述べた。

2012年から、中国は日本の近くで飛んでいる軍の出撃兵の数を劇的に増やしました。 「両国からの戦闘機は現在互いに日常的に接近して飛行しており、誤算や危険な危機の危険性を高めている」とRANDは説明した。

RANDによると、紙の上で、中国は空中競争において少なくとも1つの利点を持っています。 「全国的に、中国は1,700の戦闘機を持っています、一方日本は288を持っています。」

「中国の戦闘機の在庫が多いため、日本の近くで頻繁な任務を遂行することが可能になり、日本の航空自衛隊の限られた資源に負担がかかる」と研究者らは説明した。 「2016年度のJASDFスクランブル数は最大で1,168件で、そのうちの73%は主に尖閣諸島チェーンと東シナ海付近を飛行する中国の航空機に対するものでした。」

中国の侵略に対抗するための日本の努力の多くは、本質的に外交的なものです。 「日本は、オーストラリア、インド、フィリピン、ベトナムなどの東南アジア諸国との間で、インド太平洋地域でより強力な戦略的関係を求めてきた」とRANDは述べた。

「明示的ではないが、このネットワーキング戦略は、中国の挑発に立ち向かうときに頼りにする外交的支援の日本の成長する基盤を提供する。これらの関係の中には、業務上の結びつきの付随的改善も見た」

しかし、中国に対抗するための日本の最も重要な取り組みは軍事です。東京の軍事費は、2012年の410億ドルから2017年には430億ドル、2019年には470億ドルに増加しました。

追加の資金は、「新しい諜報、監視および偵察および対艦戦能力、潜水艦および駆逐艦の増設、水陸両用の急展開隊の設立、駐留」を含む、日本軍の拡大および改良に支払った。尖閣諸島に近い島に[自衛隊]資産を置き、沖縄に空軍基地を開設した “とRANDは言った。

「それはまた、日本沿岸警備隊の予算を増加させ、尖閣諸島の巡視を専門とする沿岸警備隊の巡視部隊を設立した。」

沿岸警備隊は中国の侵略に対応する主導機関です。シンクタンクによれば、その予算は「近年、尖閣諸島防衛だけに充てられている」としている。

日本の航空自衛隊は、中国自身の空中サージに対応するために組織を再編成し、装備を変更しました。 2014年4月、陸上自衛隊は沖縄の那覇空港で第603分隊を立ち上げました。戦隊は4機のE-2Cホークアイ空中早期警戒機からなる。

2016年1月、空軍は那覇にF-15戦闘機の第2戦隊を追加しました。

これらの戦闘機は、中国の航空機の毎日の迎撃のほとんどを処理します。しかし、費用がないわけではありません。 「航空自衛隊に対する需要の増加は、これらの航空機がそのような点検や整備を必要とする頻度が高まっていることを意味します」とRANDは警告した。

「同様に、日本の空域への侵入の増加はJASDFパイロット訓練に悪影響を及ぼしている。JASDF職員は異なる技能の資格を取得するために一定の時間数を記録することを要求されている。他の任務の訓練に影響を与えます。」

空軍が古いF-2、F-4、およびF-15の戦闘機を新しいF-35と交換するため、日本の乗組員にとって作業負荷はさらに悪化する可能性があります。 2018年末までに東京は141機のF-35を注文しました。 「F - 2およびF - 15機体の引退が予想されるとすれば、日本はF - 35の限られた数の配達を待っていても、戦闘機の在庫の減少に直面する可能性がある」と述べた。

RANDは、「買収の長期的な傾向と中国の量的に優れた在庫」を踏まえて、両国が尖閣諸島をめぐって競合するため、「東京の改革」だけでは日本が長期にわたって追いつくことができない可能性があると警告した

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


14 + five =