日本の安倍晋三はロシアとの和平条約を推進すると言う

日本首相は、次の首脳会談でウラジミール・プーチン大統領と4つの島をめぐる紛争を終結させることを望んでいる。

Image: Aljazeera

 

安倍晋三首相は、第二次世界大戦中に島の集団について始まった数十年にわたる領土紛争を正式に終結させるために、ロシアとの和平条約に向けて前進することを誓いました。

安倍首相は今月末、ロシアのウラジミール・プーチン大統領と会談し、決勝戦でソビエト軍に襲われた4つの吹きさらしの島々での不一致を終わらせることを目指した。

「今月中にロシアを訪問し、和平条約に向けた議論を進めるつもりだ」と彼は金曜日に西部の都市伊勢での記者会見で語った。

同問題については、70年以上も「まったく進展していない」と述べた。

安倍首相は、合意の保証はないが、両国は過去2年間にわたり、島に関する問題について、そして経済的にも「これまでにないほど」協力してきたと述べた。

数十年前の論争
ロシアと日本の間の紛争は70年以上前に始まった。1945年の第二次世界大戦末期にはソビエト連邦が戦略的に配置されたクリルの島々の鎖を占領した。

両国は、ロシアのサザンクリルと日本のノーザンテリトリーとして知られている4つの島のグループを主張し、それによって彼らが平和協定に署名することを妨げています。

プーチン大統領は9月、ウラジオストクでの会議で日本の指導者たちとのステージで、「何の前提条件もなしに」平和条約に署名することを提案し、安倍首相を逮捕した。

安倍首相は後にこの提案を棄却し、主権の問題は最初に解決しなければならないという日本の立場を繰り返した。

彼は11月にシンガポールで再び会った後、彼らが平和条約の締結後にモスクワが2つの小さな島を日本に移すことに合意した1956年の共同声明に基づいて交渉をスピードアップすることに合意したと記者団に語った。

安倍首相は金曜日、「私たち二人は、これを他の世代に引き出すことを望んでいない」と述べた。

プーチン大統領と安倍首相は、島々をめぐる紛争を解決するために過去に何度も会議を開いた。

昨年、日本は戦略的地域でミサイル能力を拡大することを決心しました。これはロシアを心配させた動きです。

Source :

Aljazeera

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


3 × 1 =