日本の学校で認められた自由の不足はより広い苦悩を反映している

Image: Kyodo

 

学校がどんな奇妙な場所であるか – 世界の中の世界、社会の中の社会。子供たちは「現実の世界はこんな感じですか?」と自問しながら成長します。

はいそしていいえ。そうではありません。

12月に、週刊誌Aeraは両親と教師に尋ねるオンライン調査の結果を発表しました、「子供の観点から見た学校は、自由ではないですか?」はい、6,821人の回答者の93.3パーセントが言いました。

彼らの使命の特別な性質を考えると、学校はどのくらい無料であるべきですか?それは子供たちが成熟すると入る自由な社会です。それはまたしつこい社会です。自由と規律の両方が教育を要求しますが、Aeraが引き出すような圧倒的な不承認 – ほとんど嫌悪感 – は読者が疑問に思うことを助けることができないような不満と欲求不満を伝えます。従順を要求する – 彼らが奉仕する合理的な目的のためではなく、単に従順が美徳と見なされるという理由だけで?

小学校1年生の母親は、両親の日と昼休みに娘の教室に入ることに対するショックについて、何も聞き取れません。沈黙なんで?それがルールです、と彼女は言われました。話をしている子供たちは彼らの食事の上に行き詰まります。はい、しかし強制的な沈黙と食事は病的です。とにかく、それがルールです。

彼の30代の中学校の先生は、履物を履いて授業に進む前に、学生が靴の食器棚に置いたままにしておくことを、課外活動の責任の1つとしています。ポイントは何ですか?それは出席することの一部です。ロールコールが足りない?いいえなんで?まあ – それは違います、それがすべてです。これは常にこのように行われています。それがばかげているならば、それは時間によって不条理制裁を受けます。時間制裁はばかげていますか?誰がそのような質問を検討する時間がありますか?

日本の教師は先進国で最も忙しいと言われています。 14時間も珍しいことではありません。教えていない教師は、授業の準備、事務作業、無意味な規則の実施、課外スポーツやクラフトクラブの監督、昼食の監督、子供が見過ごされている、または過少評価されていると感じる過酷な両親の保護を行っています。潜在的な天才、または何かのために過少認識されています。近年、より多くの子供たちが壊れた家や虐待的な家庭から来ています。これは社会的問題に教師を巻き込むことができます – それは彼らの能力を超えている – Aeraへの1人の教師を言います。彼らは教師であり、ソーシャルワーカーではありません。それからもちろん、いじめの厄介な問題があります。技術的には、すべての生徒の指先での仮想の力によって拡大されています。彼の学生の一人に対するオンライン中傷キャンペーンについて警察に相談した先生は、ちょっとした反発を受けました。侮辱は犯罪ではありません。はい、脅威です。侮辱ではありません。侮辱は道徳的問題であり、法的問題ではありません。

多様性が拡大する時代において、Aeraは、学校は統一性にこだわったままでいる – 学生の下着の色に至るまで、1人の親を発煙させます。小学生の女の子の母親はデイケアセンターで働いています。彼女は、「(未就学児が)寒いときは、「セーターをつける」と言います。衣服が汚れたら、「何か他のものに変えなさい」と言います。その後、子供たちは小学校に進みます。そして突然、彼らは何かについて自分自身の判断を使用することは許可されていません。誰もが他の人と同じである必要があります。誰も考えなくてもいいのであれば、教師や学生にとってはもっと簡単かもしれませんが、私には利益以上の損失があるようです。」

学生ではないにしても、教師、おそらく学生も – は考えるには忙しすぎる。教育省の報道によると、労働時間では、小学校教員の30%、中学校教員の60%が「カロシシ線を過ぎて」います。 「カロシ」とは、過労による死を意味します。それを超えるとそれが公式に認められた危険となる「線」は週80時間です。ストレスが発生します。誰かにそれを換気しなければなりません。 Aeraによると、「パワーハラスメント」、すなわち成人または「現実の」世界の身近な苦悩は学校をも悩ませ、何人かの生徒を慢性的な欠勤に追いやっている。

人生はプレッシャークッカー、ジャングルです – 昔ながらの比喩を選んでください。私達が私達のジャングルの前身、猿から得るパワーハラスメントは隔月のサピオ(11月 – 12月)で神経科医中野信子を書きます。男性の類人猿は彼らの力のディスプレイを持っています、我々には我々があります。私たちのものはより複雑で、より微妙です。私たちは胸を殴ることはしません。代わりに、私たちは「成功のための着飾り」、部下をいじめて、「到着した」ことの象徴として、量的な結果を振り回すために疲弊を追い求めます。それはまた別の質問です。しかし、今日の若者は違います、と中野は言います。

彼女は、現在の若い世代を、1960 – 90年頃の高成長期やバブル期のそれとは一線を画すものとして、ある種の無関心が生じていると彼女は発見している。目標は明確でした – 成長。そしてそれへの道 – 確かに – 努力。今日 – 私たちは何を目指していますか?疑いは確実性を上回る。私の会社はまだ10年後、20年後にも存在しますか私の仕事、私の職業でしょうか?人工知能は私を脇へ連れて行くのだろうか? 「若い人たちは上司に精神がないように見えなければなりません」と中野氏は振り返る。さまざまな時代によって形作られ、彼らはさまざまな野心を養い、さまざまな地位のシンボルを追求しています。昨日の目標はプロモーション、パフォーマンス、豪華さでした。今日は、ソーシャルメディアでは「好き」で「フォロワー」である可能性が高いと彼女は言います。

若い人たちを悩ませるもう一つの不確実性があります:老人。別のSapioの記事では、小説家とエッセイストの橘晃は、日本の高齢者の膨らんだランクと、ヨーロッパの自由主義的な寛容を脅かしている貧しい外国人難民や移住者とを比較している。社会福祉費用は日本の歴史的に前例のない人口統計に暗黙のうちに – ますます多くの高齢者がますます少ない若者に依存するようになった – 後者の退職後のセーフティネットを覆い隠したのだろうか?彼らが最終的にそうすることになるかどうかにかかわらず、彼らがするだろうという恐れは士気を腐食させます。着実に減少している少子化は症状でも象徴でもあります。

ですから、日本は、立花がそうであったように、それ自体にもかかわらず「難民」社会であり、その「難民」は、ヨーロッパの原住民や自家製とは異なります。 「もちろん、ジンバブエやベネズエラのように日本は崩壊の危機に瀕しているわけではない」と彼は書いている。 …それでも、ますます多くの人々が100歳を超えて暮らす中で、まだ20代で、まだ生まれていない未成年の人々が安全で繁栄した老齢を享受することを保証するものではありません。」

学校でも学校を超えても、何らかの形で – ここで支配する – そこでの経済的および人口統計的圧力 – 自由は生存のために闘い、その最終的な勝利は決して確かではない。

Source :

Japan Times

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


thirteen + nineteen =