日本の伝統的な紙の道を調べる

Image: Japantimes

 

日本での1月上旬は、休息と居心地の良い滞在のための時間です。気温が下がる中、人々はこたつの下でダイビングをしたり、温泉を訪ねたり、暖かい鍋に浸かったりするだけです。

しかし、約200世帯にとって、それは容赦のない寒さの中で厳しい手作業をする時です。全国各地で、和紙製造業者はピーク生産期に入っています。ほとんどの人は、今月から来月にかけて可能な限り多くのものを作り、最高の強度、耐久性、そして輝きの和紙だと彼らが信じているものを提供することを目指します。

職人が言うのは歴史によって証明される習慣です。昔、和紙は単なる冬の活動であり、生産された高品質の素材は何千年もの間生き残ってきました。

答えは科学にあります。河川や小川を流れる堅い水は、和紙の製造に最も一般的に使用されているコゾ(桑)繊維からのアルカリや不純物の除去を助けます。その一方で、気温が低いと繊維が収縮し、紙のシャープな質感が得られます。それらはまた、細菌を抑制しながら構成材料のより容易な貯蔵を容易にし、それによってコゾ繊維の分解を防止する。

和紙作りは自然に依存しているので、それは同様に深く精神的です。

57歳の四代目の和紙職人、長田和也は、和紙を「自然からの神聖な祝福」と表現しています。近くの岡本大滝神社で紙の女神を訪問した後にのみ。

和紙は長い間この地域の主要産業であったので、敬意を払うことは重要です。市を構成する5つの村の約70の世帯または小さな工場は、6世紀からの和紙作りの文化の一部として、和紙関連の仕事に500人を雇用しています。だから越前は和紙の代名詞でもあり、通常和紙の里、または伝統的な日本素材の故郷とも呼ばれています。

それでも、この要塞でさえ、職人がそれを収益性を保ち、変化する消費者のニーズに適応するのに苦労しているので、和紙の生産は減少しています。

それは日本中で見られる問題です。全国に200の和紙製造世帯があると推定されていますが、50年前にはその10倍の数がありました。

Mulberry bark is peeled in the process of making washi paper.
桑の樹皮は、和紙を作る過程で剥がれます。

では、急速に変化する日本において、和紙はどのように生き残ることができるのでしょうか。

Osadaの会社、Osada PaperMill Co.、Ltd.は、サクセスストーリーの一例です。 1920年代からスペシャリストのフズマ(紙の扉)メーカーであったビジネスでは、日本ではそのような内装が施されている近代的な住宅が少ないため需要が落ち込みました。それで、20年前、彼は同じ技術を使ってランプシェードとアートのための新しい論文を作り始めました。さらに、彼は卸売業者だけでなく、新しいWebサイトやイベントでの展示会を通じて、顧客に直接販売しました。

昨年、彼の27歳の娘、Izumiは会社にもっと革新をビジネスに投入するために入社しました。

「同じ和紙製品を(何度も何度も)欲しいとは思わない、と彼女は言います。彼女は、家具の和紙の使用をさらに拡大する可能性を模索していると付け加えました。彼女の願いは、人々が和紙に引き寄せられることです。それは、「洋紙と布を表現力豊かな素材として凌駕する」からです。

手作り障子紙のスクリーンメーカー寺田幸世氏も同意する。岐阜県美濃市の和紙作りの中心地を拠点に、美味しい和紙を作っています。

日本で最も有名な論文の1つから作られていますが、彼女の製品に対する需要も減少しています。これは彼女に和紙の壁紙を含む新製品を試してみるように促しました。

「人々は和紙を壁覆いとして想像することはできません。 Teradaは彼女の作品について言います。 「私たちは、見栄えのよいものにするために、関心を呼び起こす必要があります。そうでなければ、人々はそれらを見ることさえできません。」

寺田は進化を続けています。

「昔は、和紙を作って売って生計を立てることができました」と彼女は言います。 「今、人々は、生計を立てるために、和紙を作り、それを使って直接販売用のアイテムを作る必要があります。または、他のメーカーがどのように使用するのかを検討する必要があります。」

彼女は強力な和紙産業がエコバッグやクッションカバーのようなすぐに使える革新的なアイテムの生産と伝統的な生産方法の支持を要求すると信じています。両方とも消費者や新しいメーカーを引き付けるので、どちらも重要です、と彼女は言います。

Fibers are separated during the paper-making process at Awagami Factory.
泡上工場では、製紙工程で繊維を分離します。

寺田はその一例です。それは、和紙に興味を持ち、30歳のときに38歳の女性が業界に参入する動機となった伝統的な業界で働くことへの意欲でした。それ以来、彼女は美濃芸術情報を通して彼らの和紙作りのスキルを磨くために他の若いアーティストをサポートしてきました。

2016年4月に発足したこの組織は、美濃を拠点とする和紙職人と国内外のアーティストを研究、展覧会、コラボレーションのために結び付けています。それは、和紙に対する意識を広め、業界に革新をもたらすことを目的としています。

今年の住宅街で、テラダはニューヨークで紙を作った経験のあるオーストラリア人アーティストに和紙を紹介しました。

「彼女が何をするのかを見るのはワクワクしていました」とTeradaは思い出します。 “私は他人を教えることによって学ぶように、それは素晴らしい経験でした。”

Mino Art Infoによると、これまでに100人以上が参加しています。ほとんどが海外からです。

「外国人は日本の人々よりも伝統工芸品に興味を持っている」と指摘し、主催者は、より良い和紙製品を作り出すこと、そして最も重要なことは、彼らの多様な視点から美濃の和紙産業に命を吹き込むことに貢献しました。

Into the white: Kazuya Osada makes Echizen washi.
いんと てぇ うぃて: かずや おさだ まけs えちぜん わし。

1982年、オランダで生まれたRogier Uitenboogaartは、全国で10以上の和紙作りの地域を旅した後、その作品を自分の人生の作品にすることにした、熱心な和紙の学生でした。一人の和紙メーカーが最初にその原料を育てる方法を学ぶことによってのみ和紙を作る方法を理解することができたと彼に言った後、彼は高知県に落ち着きました。

今、35年以上後、彼は繁栄しているビジネスをしています。彼の妻と大人の息子と共に、彼は本当に持続可能な紙を提供するために、生産において農薬、人工肥料または化学物質を使用せずに植物からシートまで自家製土佐和紙を生産します。また、和紙作りのワークショップも開催し、長期滞在用のゲストハウスを提供しています。

Uitenboogaart氏は、「私が始めたときよりも、さらに私は和紙に情熱を注いでいます」と語っています。

「和紙はとても伝統的ですが、どのようにしてそれを有用にするかを考えなければなりません」と彼は言います。 「私は常に現代の生活様式に適応する方法に非常に興味を持っていたので、私は常に新しい機会を探しています。すべてが有益であるとは限りませんが、私は多くのテストを行います。」

彼は自分のビジネスの成長をこの先見性のある態度に帰していますが、それはまた和紙が天然素材としてより高く評価されるようになっているからです。例えば、健康食品会社から、健康的な製品の包装に自分のブランドが合っているのでそれを使用しようとしているという問い合わせがありました。

インテリアについても、彼は日本人が「和紙を再発見している」と言い、「彼らはそれに興味を持っていてそれを好むが、どのようにそれを使用できるかを尋ねる」と付け加えた。

Rogier Uitenboogaart mashes fiber into a pulp before putting it into water.
Rogier Uitenboogaartは、繊維を水中に入れる前にパルプに砕いています。

しかし、ほとんどの和紙メーカーは消費者に直接販売しているわけではないため、建築家、インテリアデザイナー、その他のクリエイティブは、ランプシェード、壁紙、アートなどのインテリアに和紙を使用することを確信する必要があります。いったん人々が、和紙の本当のインテリアデザインの可能性を見ることができるならば – 店、家および展覧会で – Uitenboogaartは、和紙がより大きな人気を得るであろうと信じます。和紙を切って接着したり、商品を再利用したりするのがどれほど簡単なのかを人々が理解していれば、それも需要を増大させるでしょう。

しかし、課題は残っています。

たとえば、美術館やギャラリーが政府や企業の資金でこの作品に資金を提供しているため、Uitenboogaartの最高品質の紙は、その上質で丈夫な性質のために作品の修復に使用されています。

業界全体として、彼は他のヨーロッパ諸国よりも日本の製紙会社の方が多いと述べていますが、業界内の熟練者の喪失を心配しています。たとえメーカーが和紙の用途を広げたとしても、和紙を製造する生産者は依然として不可欠です。

「製紙の技術に興味がある人は少ない」と彼は言う。 「私たちはシートを作るために熟練していて工芸品に興味がある人を必要としています。もしそれらが消えたら、その工芸品は生き残れない。」

シートの販売だけでは十分な利益が得られない可能性があり、ニーズの変化に対応するための製品タイプの拡大は財務上の支出を伴うため、小規模の製紙事業では最大で閉鎖のリスクがあります。

しかし、鳥取県の家族がひとつの解決策を示しています。彼女の2人の息子が生きている和紙シートを作るのに苦労しているのを見て、洋子から作られたイヤリングを専門とする会社、Yobotyを設立しました。

「私は彼らが彼らの生計を失うだろうと思ったので、私は助けるために何かをしたかったです。彼女が言っているのは、彼女が東京で彼女の製品を展示している間に話したということです。私たちの耳が重いイヤリングで痛むように、私は和紙からイヤリングを作ります。人々は和紙文化について知らないが、私のアクセサリーを通してそれについての認識を広めたいと思う。」

Osada paper makers in Fukui Prefecture
福井県の長田製紙会社

消費者は、2Dまたは3D形状に成形することができるか、または微妙な香りのために香料をスプレーすることができる品目に満足している。 その成功を土台にして、もろよしはまた、一連の和紙時計を作り出し、それによって彼女の息子の製紙業をさらに支えました。

一方、他の企業は、和紙の吸収力と断熱力を活用しようとしている家具製造メーカーと提携しています。

大阪を拠点とするササワシ株式会社は、愛媛県の生産者から和紙を調達し、それを熊崎工場と組み合わせてブランド「ササワシ」を作りました。 三重大学の研究によると、得られた布は吸収性があり、自然に抗生物質で、肌にやさしく、98%の紫外線防御を示します。

笹井監督の糸井俊則氏によれば、和紙がなければ、そのプロセスは不可能だったでしょう。 ブランドのタオル、靴下、シーツは、アメリカ、イギリス、フランス、そしてオーストラリアで人気があります。

Kiyoshi Takagi demonstrates paper-making at Ozu Washi in Nihonbashi.
高橋清が日本橋の小津紙紙で製紙を実演。 | キャスリン・ウォトリー

布地に和紙を使用した同様の品物は、1653年以来日本橋で運営されている製紙販売店の大津和紙の博物館で見つけることができます。

生き残るためには、それも進化しなければなりませんでした。卸売業として始まったのは、1000種類以上の紙と2,000種類の和紙関連商品を販売するアウトレット、美術館、ギャラリー、展示スペース、ワークショップ、和紙作り体験室を持つ、和紙センターとなりました。

高木清監督は、10年前から、和紙の理解を促し、売り上げを伸ばすために和紙作りを始めました。

これまでのところ成功しているのは、これまでのところ3歳から105歳までのあらゆる年齢の地元の顧客だけでなく、多数の国際的な観光客を魅了しています。 2018年、外国人参加者が初めて日本の参加者を上回りました。

高木にとって、それは歓迎すべき展開です。彼は海外の観光客や和紙ファンが健全な和紙産業を確実にする上で積極的な役割を果たすことができると信じている和紙専門家の数が増えています。

Uitenboogaartはまた、彼の製紙ワークショップにますます多くの外国人を歓迎し、Mino Art InfoのTeradaと彼女の同僚は東京2020年のオリンピックの間に和紙の国際的なプレゼンテーションの準備をしています。

日本の文化製品への欲求を見て、企業はまた新しい和紙の提供で国際市場に働きかけています。

Center of production: Awagami papermakers work on new extra-thick handmade washi for digital printing.
生産拠点:あわがみ製紙業者がデジタル印刷のための新しい極太手作り和紙に取り組んでいます。

徳島県の泡上工場では、和紙を現代の生活に取り入れるための革新的な和紙の研究開発に力を入れています。

代表的なCraig Anczelowitz氏によると、Awagamiは「和紙大使」になるべく多くの人に紹介するように、海外からの関心と新しいユーザーからの注文のおかげで過去5年間で売上が伸びています。

A-Light、和紙、LED照明のコレクション、Suaika、彫刻和紙、藍のアートパネルなどのインテリアデザインプロジェクトでのコラボレーションに加え、Awagamiはファインアート、趣味、およびインクジェット用紙を制作しています。デマンド。

オンラインショップのWashi Artsを運営する米国を拠点とするLinda Marshall氏によると、「Washiには成長の余地があります…主にプロのアーティストや音楽家の間です」。

和紙は西洋の芸術家にはほとんど知られていませんが、美しさ、濡れた強さ、そして持続可能性について学んだ後に探し出します。さらに、北米では特殊紙の入手が困難であるため、「高品質で上手な和紙を定期的に入手するのに十分ではありません」とあります。

国内外で和紙への関心が高まっているため、専門家たちは、変化する時代に適応し続けることで、和紙メーカーは明るい未来を保証できると考えています。

「和紙はまだ1000年後にもここにいるでしょう」と大津和紙の高木は言う。 「これは一番クールな紙なので、常にファンを魅了します。」

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


five × 3 =