日本の今平はマスターへの特別な招待を受け入れます

Image: Golfchannel

 

日本の今平修吾は、2019年のマスターズに参加するという特別な招待を受け入れました。

26歳の今平は、ジャパンゴルフツアーで2018年の勲章を獲得し、トップ50内のスポットがマスターズの免除を獲得したとき、昨年世界ランキングで53位にランクインしました。

「ボビー・ジョーンズとクリフォード・ロバーツは世界的なスポーツイベントとしてマスターズを設立しました、それで我々の歴史の中で国際的なプレーヤーに値することへの特別な招待は常に慎重に考えられました」とオーガスタナショナル会長フレッドリドリーは発表で言いました。 「過去12ヶ月間の彼の印象的な記録に基づいて、今年は今平修吾を私たちの分野に歓迎することで、この伝統を続けて喜んでいます。」

今平は昨年7月にT-3以上を日本で終了し、10月にブリヂストンオープンで勝利したことが浮き彫りになった。彼はこれまで3つのメジャーでプレーしてきましたが、最近ではBelleriveでのPGAチャンピオンシップで、昨年の3回ともカットを逃しました。今年は彼の最初のキャリアマスターズ外観になります。

これは、昨年のインドのShubhankar Sharmaへの招待に続いて、プレーヤーがトーナメント委員会から特別免除を受けた2年連続の年です。 Imahiraの追加により、現在のMastersフィールドが80になり、3月31日にValero Texas Openや世界のトップ50にランクインするFedExCupポイントのPGAツアーイベントの勝者にスポットが残ります。

Source :

Golf Channel

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


five × five =