日本のレスリングスター吉田がオリンピック前にタップアウト

Image: Thesundaily

 

3回オリンピックチャンピオン

3回のオリンピック金メダリストである日本の吉田さおりは、木曜日、東京2020大会に欠場しているとの考えで「揺れ」にもかかわらずレスリングから引退していることを確認した。

吉田氏は「日本では人気のある人物で、地元のテレビ番組に定期的に出演している」と語った。

Yoshida's achievements
Image: AFP

吉田の実績

彼女は「私は東京オリンピックに参加したいという気持ちで動揺している」と認めたが、最終的には若い選手にバトンを渡す時間だと決心したと述べた。

36歳は2004年から2012年までの3連覇で55kg級女子表彰台を突破したが、2016年のリオデジャネイロ大会では4回連続の金メダルを獲得できなかった。 kg区分

The most memorable medal
Image: AFP

最も記憶に残るメダル

彼女はアメリカのヘレンMaroulisによる彼女の衝撃的な敗北の後にリオの試合で涙に残りました、そして、経験が彼女がそれから獲得した銀が彼女のメダルのすべての17の中で最も記憶に残るものであることを意味しました。

「その試合で、私は敗北した選手がどのように感じたかを本当に学んだ。それまでは、最高の表彰台に立つことができるという喜びしか感じなかった」と彼女は言った。

Passing the baton to younger athletes
Image: AFP

若い選手にバトンを渡す

吉田さんは、父親がレスリングスクールを営んでいた三重県中部地域で、3歳のときにレスリングを始めました。

彼女は2002年に彼女の乙女ワールドチャンピオンシップを獲得し、連続した13タイトルを主張し続けました。

Next step
Image: AFP

次の一歩

史上最多の連続世界タイトルで日本政府の人民勲章を受賞した吉田氏は、現在は代表チームのコーチを手伝うことを計画していると述べた。

Leaving olympics but not wrestling
Image: AFP

オリンピックを離れるがレスリングはしない

「来年東京オリンピックが開催されるので、私も助けたいと思います」と彼女は言った。

「コーチの経験はありませんが、他のコーチに迷惑をかけずに自分のできることをやりたいと思っています」と彼女は付け加えました。

Source :

India Times

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


eight + seventeen =