日本のモバイル決済のラインを持つTencentのパートナー

提携は中国の観光客をターゲットにしているが、Yahoo-Alibabaサービスとの競争に直面している

Image: Reuters

テンセントホールディングスは東京に本社を置くチャットアプリオペレータラインと協力し、最近の中国人観光客の流入を狙った小規模の日本の小売業者にモバイル決済サービスを提供する。

今回の提携は、Yahoo JapanとSoftBank Groupが運営する競合サービス(Alibaba Group Holdingとの提携を発表)とビジネスを競う予定です。両チームは、中国のパートナーの大規模なユーザーベースを活用して、独自のカバレッジネットワークを拡大しようとしています。

Lineは、12月中旬からTencentのWeChat Payと互換性のある端末を、まだLine独自のLine Payを採用していない中小規模のレストランや店舗にリースする予定です。 Tencentのサービスは来年開始予定です。

このサービスは、QRコードを生成するターミナルへの取引のために、店長にその金額を入力させる。顧客はスマートフォンでコードをスキャンし、いずれかの会社のサービスを通じて支払う。広範な利用を促進するために、これらの端末を導入する店舗については、2021年7月まで処理手数料が免除されます。

ラインは、それが効率を改善するだけでなく、中国の観光ブームを活用するのに苦労している小さな店を助けることを目的としていると言います。昨年、約735万人の中国人が日本を訪れ、3年前の3倍から3倍になった。モバイル決済サービスは、多くの場合、携帯電話での支払いに慣れている中国の観光客を引き付けることができます。

キャッシュレス決済事業は、オンライン小売業のAmazon.comや楽天だけでなく、通信事業者であるNTT Docomoをはじめ、様々な業界のプレイヤーが参入するのに伴って混雑しています。ペイメントがパン・アンド・バター事業である金融機関も、争いに加わることが予想される。競争が激化する中で、サービスを処理して商人を引き付けるためには、使いやすさをすばやく向上させることが不可欠です。

Lineの中国のパートナーとの戦略は、今秋、PayPayモバイルサービスを開始したYahooとSoftBankの戦略に似ています。同社はAlibabaと提携し、顧客はPayPay加盟店の一部でAlipayと支払うことができます。

これらの提携の中国のプレーヤーは、それぞれ7億〜8億人のユーザーを誇っています。

キャッシュレスの支払いオプションにより、顧客はより多くの費用を支払うことができます.Lineはセールスポイントとして使用する予定です。記者会見によると、Alipayを使用している中国の顧客は、東京のオンライン決済プロセッサーによると、現金で支払っているものを含め、平均的な中国の買い物客の2.6倍の訪問を費やしていた。

ライン・ペイは、日本のクレジットカード会社JCBとQuicPay非接触決済システムとの提携のおかげで、11月21日現在約100万拠点で利用可能でした。

Source :

Nikkei

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


13 + 15 =