日本のファクトリーアウトプットが経済回復の兆しを見せつける

Image: industryweek

 

日本の工場生産量は10月に3年半ぶりに最も速いペースで拡大し、震災の夏の収縮による反発を受け、今四半期に経済が始まったという証拠を示している。来月の見通しはそれほど確実ではない。

個別データでは、全国物価動向の早期指標である東京のインフレ率は3ヶ月連続で1%を維持し、失業率はわずかに上昇した。

重要な分析
10月の工場生産は、一連の自然災害が第3四半期の活動を混乱させ、国内総生産(GDP)を縮小させた後、第4四半期の日本経済の状態を最も早期に見ている。エコノミストらは、最近のその他の指標は11月の弱含みとなる可能性があると指摘し、これが成長トレンドを緩和すると指摘した。

第一生命研究所のチーフエコノミスト、吉木仁樹氏は、中国と欧州の軟化が世界的な成長を遅らせ、日本を牽引していると指摘している。

アナリストのインフレの早期段階は、今のところピークに達しており、原油価格の引き下げは物価上昇を押し下げることになっている。

NLI研究所のエコノミスト、斉藤太郎氏は、「インフレ率が1%を下回ることは確実だ」と述べた。失業率の上昇と雇用率の低下は驚くべきものであったが、日本の労働市場の全体像は、賃金上昇とインフレを支える緊密さである。

私たちのエコノミストが言うこと
ブルームバーグ経済学者の増島由紀氏は、工業生産高が驚くほど急激に上昇したため、9月の自然災害による景気の悪化が懸念されている。

米国と中国の貿易戦争は、グローバルサプライチェーンの需要を押し下げる恐れがあり、中国の成長の減速も逆風になるだろう。

経済産業省のデータによると、9月の工業生産は前月比5.9%増の5カ月ぶりとなった。エコノミストは1.2%の上昇を予測している。アウトプットは、前年同期から4.2%増加した。

東京の新鮮な食料を除く消費者物価は、11月に1%上昇し、エコノミストの予測と一致した。失業率は10月に2.4%まで上昇した。推定中央値は2.3%であった。

求職者比率は、1.65と比較して10月には1.62まで下がった。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


16 − fifteen =