日本のテロワールの定義

新しい規則は日本の成長するワイン産業のための呼称制度を作成しますが、また頭痛を引き起こしています

Image: Courtesy Takahata Wine

 

日本のワイン産業は、品質の向上により成熟し、新しい認識を獲得し、売上を伸ばしています。それは政府がブドウが栽培されたラベルに注目して、本当のアペラシオンシステムに向かって最初のステップを踏むように導きました。

しかし、それはワイナリーにとっては難題となります。大部分はぶどう畑を所有しておらず、複数の地域からの果物がたくさんあるからです。そして農家の人口が高齢化していることは、地元のワインの需要が伸びているのと同じように、ブドウ畑の面積が実際に縮小していることを意味します。

新しい法律が日本のテロワールを守る
ワインは、年間量で成長している日本のアルコール飲料市場の唯一の部門です。国税庁によると、2017年、政府はフルーツワインの製造許可を39の新規事業体に付与しました。

新しい規制以前は、日本ではワインの表示に関する規則はほとんどありませんでした。これは、国産ワインに関する知識がほとんどない消費者がボトルを簡単に区別できないことを意味します。輸入グレープジュース濃縮物から作られたワインは国産ワインと並んで「日本」として販売されていました。

輸入されたぶどうは国産ぶどうと混ぜ合わせることもでき、その結果出来上がったワインは地名を気にせずに売られました。山梨県および長野県産のワインを除いて、異なる場所からのブドウを混ぜる場合、ラベル上の地域の命名に正式な制限はありませんでした。 (これらの地域はより長いワイン製造の歴史を持ち、ラベル表示法は10年以上前に制定されました。)

2018年10月末に施行された国税庁の新たな規制では、国内で生産された100%のブドウから作られたワインのみが日本のワインとして分類されることができると定められています。規則はまた、その場所から少なくとも85パーセントの果物を使用してワインに場所名の使用を制限する新しい地理的表示システムを作成します。また、1つのブドウ品種の85パーセント以上を使用して、ブドウの名前をラベルに付ける必要があります。

新しい規則で、合併症
新しい法律は、彼らのワインがどこから来たのかを消費者に明確にするでしょうが、それはまたワイナリーのために頭痛を引き起こしています。長い間、ワイナリーはブドウ畑を持つことを許可されていませんでした。 2009年に可決された新しい規則には、ワイナリーが農地を借りることを許可する措置が含まれていましたが、それでもワイナリーがブドウを栽培するよりも果物を買うほうがはるかに安いです。

大企業は彼ら自身のブドウ畑を植え始めており、より確立されたワイナリーは農民との長期的な関係を持っていますが、小規模な生産者はパートナーシップを構築し、しばしば毎年異なる地域からスポット買いをしなければなりません。新しい地理的表示規則の下では、ワイナリーは毎年ラベルのデザインを変更する必要があるかもしれません。

山形県の高畑ワインのワインメーカー、川辺久之氏は、日本のワイナリーの多くは町や地域に由来すると述べていますが、同じ場所からブドウを調達するとは限りません。 「私たちのワインの4分の3は地元の果物で作られています。カリフォルニアでワインを作るのに15年間費やした、そして私はラベルに新しい情報を提示する最善の方法について慎重に検討しながら必要な調整をしている」

タカハタワインはまた、お土産が顧客に提供されることを望んでいる、全国のホテル、リゾート、その他の企業向けに50を超えるプライベートラベルを製造しています。これらすべてのクライアントはラベルを調整する必要があります。川辺氏は、コンサルティングと再設計のコストと時間が多すぎるため、中小企業の半数までが単に注文を中止する可能性があることを懸念しています。

地平線上のブドウの不足
農民の数が減少しているときに、変化は起こります。政府の統計によると、過去10年間で、日本のブドウ園の土地は3,600エーカー減少し、約8パーセント減少しました。より多くのワイナリーがありますが、生産者の数は高齢化人口のために減少しています。後継者がいないにもかかわらず、何人かの高齢農家が、彼らの家族が保有する土地を何世代にもわたって売却することを拒否しているという報告もある。

日本で最も人気のあるブドウでさえ見つけるのは難しいです。甲州は白ぶどう品種で、色はややピンク色で、山梨県で栽培されています。 Vitis viniferaとアジアのブドウのハイブリッドで、日本原産と見なされています。およそ10年前、多くの生産者が彼らのブドウ畑を植え替え、甲州から高値で売っていたテーブルグレープの品種へと切り替えました。その後、甲州ワインは人気を集め始め、日本のワイン界からも独特の日本人として熱狂的に推し進められました。

東京の輸入業者兼小売業者、ケーブ・ド・リラックスのマネージングディレクターである内藤邦夫氏は、次のように述べています。

2つの歴史的地域からの教訓
新しい法律がますます大きな痛みを生み出す一方で、15年以上にわたり同様の規則を持ってきた2つの歴史的なワイン産地は、長期的な影響がワイン産業に良い可能性があることを示しています。山梨は日本で最も古く、最も有名なワイン産地です。ここで生産されたワインの最初の記録は16世紀からのものであり、ワイン造りはさらにもっと過去のものと信じられています。シャトーメルシャンのような高級ワイナリーがあります。ワイナリーの数が最も多く、ブドウが名付けられた甲州町の本拠地です。長野の国境を越えてすぐそばには、塩尻があります。

山梨ワイン製造業協会の顧問望月徹氏は、山梨のワイナリーのほとんどが地元のブドウを使用していると述べた。ワイナリーは地域の成長に焦点を当ててきました。

近隣の長野県は、4つの新しいワイン産地を指定することによって、そのワイン部門内での成長を促進するように行動してきた、と長野県の地方自治体部門の役人、丸山佐照氏は述べた。 「千曲川、清ヶヶ原、日本アルプス、天竜川ワインバレーは、地域のワイン生産と観光を推進しています」と丸山氏は語った。

この地域では、減少しつつある農地の問題にも取り組んでいます。政府の園芸および畜産部門の宮島貴太郎氏は、次のように述べている。新しいブドウ畑も日本政府からの共同出資で作られています。

新しい規制が日本のワインメーカーの地位を強化する一方で、次のステップは、ワイン生産者が十分なブドウを持っていることを確実にし、地域のワインについて消費者を教育することです。そしてそれを推進するのはワインメーカー次第です。 「新しい規制に付随する罰則はありません」と川部氏は述べた。 「みんなが新しい規制を守るかどうかはわからない」

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


10 − five =