日本のタブロイド紙が女子大学の「性ランキング」をお詫び申し上げます

Image: AP/Picture for representation

 

日本のタブロイド紙は、女子学生が飲み会でセックスをする意欲に基づいて女子大学のランキングを発表したことをお詫び申し上げます。

スパの記事!男性が出席するために女性にお金を払うパーティー – 「ギャラノミ」として知られている慣行を指します。

地元メディアの報道によると、記事はこれらのパーティーが女子大学生の間で人気があり、男性と女性の両方がそのようなパーティーの出席者を見つけるのを助けることを目的としたアプリ開発者と話しました。

「センセーショナルな言葉を使って、女性とどのように親密になることができるかについて読者にアピールし、本物の大学名でランク付けして読者を不快にさせるかもしれない機能をもたらしたことをお詫び申し上げます。」部門はCNNによって得られた声明の中で言った。

昨年発表されたこのリストは、謝罪と雑誌の売り上げの一時停止を求めるchange.orgの申立てを始めた1人の女性と共に、憤慨を引き起こしました。

「私は、特にこのような公共の記事では、セクシュアライゼーション、客観化、そして軽蔑的な女性たちがやめられるように闘いたいと思います」と、請願書の作成者である山本和菜は書いた。

「2018年は、世界中の女性が女性の権利のために闘ってきた私たちの声が届いた年でした。私は女性が対象であるこの社会にうんざりしているので声を上げましょう」と山本氏は付け加えた。

彼女の請願は今日の時点で38,000以上の署名を獲得していました。

ME TOO IN JAPAN

このスキャンダルは、女性に対する性的虐待についての国際的な会話が増えている中で起こります。

日本は伝統的に男性が支配する社会であり続けていますが、#MeTooのようなキャンペーンは男女平等と性的虐待にスポットを当てるのに役立ちました。

2018年8月に日本の医学部が女性を締め出すように大学の試験を厳格化し、2017年には日本のジャーナリスト、伊藤しおり氏が自身の経験について公に語ったときに強姦を禁じました。

世界経済フォーラム(WEF)の最新の世界の男女格差指数で男女平等の程度を測っている日本は、149カ国中110カ国にランクされています。

安倍晋三首相が「女性学」と呼ばれる政策を通じて働く女性に力を与えるという誓約にもかかわらず、同国はまた、男女平等のためにG7諸国の中で最下位にランクされています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


5 × one =