日本の「万引き犯」が最優秀外国語映画とパームスプリングスフェスティバルに選ばれる – 受賞者リスト

Image: Magnolia Pictures

 

コレダ弘和監督の日本の万引き映画は、今日の第30回パームスプリングス映画祭で最優秀外国語映画賞に選ばれました。イタリアのDogmanのスターであるMarcello Fonteとポーランドの冷戦のJoanna Kuligは、外国語演技カテゴリーで最高の栄誉を獲得しました。

Juriedの受賞者は本日Riviera Palm Springsで発表されました。ベストナラティブ機能とベストドキュメンタリー機能の観客賞は明日発表されます。

最優秀外国語映画、俳優、女優の賞は、今年のフェスティバルで上映された87の公式外国語オスカー作品のうち43を審査した国際的な映画評論家の審査員によって選ばれました。

上記の3つのFIPRESCI賞受賞者に加えて、フェスティバルのNew Voices New Visions AwardはMeryem Benm’Barek監督のソフィア(フランス/カタール)に贈られました。そしてデビュー特集ドキュメンタリーのためのジョンシュレジンガー賞はシャノンサービスとジェフリーウォルドロンによって指示されたゴーストフリート(アメリカ)に行きました。地元の学生の陪審員によって選ばれた史上初の青少年陪審賞は、イラム・ハック監督の、人々が言うこと(ノルウェー/ドイツ/スウェーデン)に行きました。

以下の今日の賞の完全なリストと名誉ある言及をご覧ください。

フェスティバルで最高のイベロアメリカ映画上映に贈られたフェスティバルのCine Latino賞は、Arantxa Echevarriaの監督によるCarmen&Lola(スペイン)に贈られました。

俳優兼マジシャンのリッキージェイが「映画の言語とマジックの言葉を広めることにおける先駆的な精神」を称えることを称えて命名された新しい賞、リッキージェイマジックオブシネマ賞

お祭り、1月3〜14日、78カ国から226本の映画が上映されました。

Source :

Deadline

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


three × 5 =