日本における牽引力を得る挑発のインターネット権利者の戦略

Image: Kyodo

 

人気のテレビパーソナリティとモデルのローラは最近、沖縄での新しいアメリカの基地建設に対する彼女の反対をツイートしました。コメントはすぐに彼女のような有名人が政治的な議論でビジネスをしていなかったと言った人々によって却下されました。これらの批評家は基地建設を支持するかもしれないが、彼らはこの問題についてRolaを関与させなかった。彼らは彼女の意見ではなく彼女を攻撃した。

この修辞学的方法は、安田孝一の新刊書「浮世の戦士」に書かれているように、ネット運動の特徴であり、その動きがどのように発展したかを説明している。特にインターネットの出現以来。

11月に行われた同僚ジャーナリスト青木修氏とのJ-Waveラジオインタビューで、安田氏は古典的な右翼活動家 – 格闘技音楽を爆発させる大きな黒いトラックを駆り立てる種類 – と匿名のインターネット種の違いを概説した。彼にとって、古典的な右翼者は時々強要と他の弱者の説得方法に頼るが、彼らは一般的に彼らの愛国心について真剣で、個人よりもむしろ考えを対象とする。彼らは表現の自由を支持し、取り残された集団を差別しない。彼らは決して嫌いな演説をしないでしょう。

「私は権利主義者は嫌いです」と安田氏は言います。

その目的意識は関連性を失った、と一般的に社会が「右にさらに移動した」と彼は言います。より古い活動家はインターネットの右派圏に引き込まれます、挑発の芸術で抗議者の新世代を「指示する」何人か。

昔、安田氏によると、挑発とはあなたのトラックを会社や官庁の外に駐車し、日本にとって有害と思われる活動における彼らの共犯について叫んだということです。今は、韓国人、中国人、その他の外国人グループをターゲットにした街頭デモが主流です。今日のインターネットの権利者たちは、米国の基地建設に反対するローラのような人々を侮辱している。

多くのインターネットの権利者の仕事には実質がありません。彼らには、それ自体の目的のために外国人恐怖症の具体的な目標や取引はありません。彼らの政治は憤りについてです。もちろんこれは世界的な現象です。それをポピュリズムと呼ぶ人もいますが、日本の主な違いは、それは退屈で勢いのあるイデオロギーから離婚したポピュリズムであるということです。反人種差別主義行動集団の野間康道氏は、かつてゴキブリ現象の対立としてインターネットの権利者の存在を説明していました。つまり、台所にゴキブリが1つあるのを見ると、壁に10個あるということです。逆に、ソーシャルメディアに100個の右翼トロールメッセージが表示された場合、おそらくその背後にいるのは2人だけです。

先月、毎日放送はこのプレゼンスが行動としてどのように現れるかについてのドキュメンタリーを放映しました。あるセグメントは、弁護士が日本の平壌関連学校で働いていたとして非難した佐々木亮弁護士に対する懲戒処分の申し立てに対して、東京弁護士会が何千件もの書面による要求を受けたことを説明しました。

佐々木氏は毎日放送システムに、平壌関連の学校とは関係がないと語った。彼の分野は労使関係です。正式な懲戒処分の要求には申立人の氏名と住所が含まれていなければならないので、毎日放送は何人かに連絡を取り、佐々木が何をしたのかわからなかった、彼が悪いことをしていただけだった。佐々木が彼の事業活動を妨害したとして請願者を訴えると脅迫したとき、多くは謝罪の手紙を送った。

請願者は、彼らが管理者から手紙を受け取ったと言ったブログの読者であり、それから彼らは彼らの名前と住所を記入しました。彼らは自分たちがしていることをほとんどまたは全く知らなかったが、彼らはブログの趣旨に同意したので、それはそれが重要であると考えた。 Spaの最近の記事では、ウェブ上で右翼の内容に左右されずに時間をかけて引退した人々に焦点を当てており、右翼の原因について弁護士に定期的に請願する人々は古く印象的であると述べた。

毎日放送システムはブログ作家を追跡した、そして彼は手紙を送ることを否定したが、北朝鮮が日本を引き継いでいると弁護士が責任があると言っていると言った。毎日放送システムが彼の意見の由来を彼に押し付けたとき、彼は彼が単に他のソースからの文章をコピーしたことを認めた。

有名な出版社がこれらのブログ記事のいくつかを本の形にまとめました。その出版社は毎日の放送システムと話すことを拒みました、それは後で佐々木が嫌がらせの上司を非難した後に彼女を解雇したとしてそれを訴えていた出版社の元従業員を表していることを発見しました。佐々木に対する懲戒処分は、出版社からのものですか。明確ではありません。

それでも、このインシデントは、インターネットの権利者がフォロワーを動員することが、たとえフォロワーが理解していない活動であっても、どれほど簡単であるかを示しています。ドキュメンタリーのもう一つの主題は、彼女が教育省から補助金を受けているので権利主義者を憤慨させている性的虐待の研究をしているジェンダー研究学者、Kazue Mutaでした。ローラに対する告訴と同様に、トロルは彼女の発見に対処するのではなく彼女の性格に問題を抱えています。もう1人の犠牲者は、法政大学の教授である上西光子氏で、与党の裁量労働法案を支持するために昨年2月に国会で行われた労働省調査のデータが文書化されたことを明らかにした。大臣は偽造を認めたが、上西は少なくとも1人の政治家を含む事実を気にしていないと思われる人々によって絶え間なく征服された。

この挑発の戦略は、匿名の権利主義者を超えて保守派を主流にしました。保守的な月刊誌花田の編集長は、毎日が彼の読者の嫌いな騒ぎであるので彼は一貫して朝日新聞をターゲットにすると毎日放送システムに語った。記者は、花田氏がLGBTQの人々を非難するエッセイを発表した後、朝日新聞が与党の議員である杉田美緒氏を非難した最初の出版物であると誤って非難したと指摘した。実際には、記者、毎日新聞はその物語を破ったと述べた。

Source :

Japan Times

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


four × three =