日本における平成の犯罪の奇妙な相乗効果を調べる

Image: Kyodo

 

ある社会では、ある期間をそこで発生した犯罪と関連付ける傾向があります。だからこそ、私たちは「世紀の犯罪」のような表現を使っています。

そして日本?文藝春秋が出版した264ページのムック「平和の読みと理解のための51の事件」で、犯罪は確かに顕著に現れています。パーセント、刑法の違反を含む。

一方、最近の「激動の平成市」と題された別のムックが、8ページを犯罪に、さらに4ページをヤクザに専念しています。溝口篤氏の報告によると、急降下して18,100人となり、さらに20,900人は「見習い暴力団」となった。

平成に特有の犯罪の種類やパターンは何か?おそらく。週刊朝日(2018年1月9日)に、社会学者宮台真司は、平成の時代を「パラノイアとメガロマニアの喪失」と表現した。他の人々は、いわゆる「妄想犯罪」への趨勢の拡大を観察している。金銭的利益、憎しみまたは復讐の通常の動機だが、痴呆された衝動を満たすため、そして喜びのためにさえ。

無作為のスラッシャによる攻撃に加えて、ストローキング、盗撮、洗濯物からの女性の下着の盗難などの形態のエロトマニアが含まれます。家庭内暴力など、他の比較的「新しい」タイプの犯罪と同様に、事件の数が実際に増えたのか、それとも単に既存の状況に追いつくための新しい法律の施行を反映したのかを確かめるのは難しい。

1986年に始まった半年間にわたる経済的「バブル」とその壮大な崩壊は、オウム真理教として知られる最後のカルトを生み出すのに役立ったなど、社会における数多くのひび割れとゆがみのせいにされました。ヨガと瞑想を教えている学校として始まった、オウムの部分的に盲目の「教祖」である松本智雄 – 昨年7月に死後20年で他の数十人の追従者と共に吊された – 彼らの所有物と収益をすべてカルトに引き渡して、共同の「サティヤム」に激しく憤慨した。

オウムはまた、富士山近くの秘密研究室で化学の上級学位を持つ人々を魅了しました。 1994年に松本市で1夏の夜にそれをテストし、7つの死体を置き去りにした後、気が狂った科学者たちのチームは、より大きな目標に備えるために彼らの研究室に戻った。 1995年3月20日の朝、警察の襲撃事件が起きて、カルトが首都圏の地下鉄の通勤者に神経ガスを放出し、13人が死亡、何千人もの人々がけがをしたことを知った。

2000年が近づくにつれて、より奇妙な、そしてより奇妙な犯罪が発生し、人間が恐ろしいY2K千年紀のバグの有機的なバージョンに感染し始めているかのように、それらをseikimatsu gensho(fin de siecle現象)に帰因させる。 1997年の春、神戸市は11歳の少年の殺害を受けて2ヵ月にわたって脅迫されました。その少年の頭は中学校の門の外に置かれました。彼の口の中に押し込まれたのは、「ゲームを始める」ように警察に要求する「Seak Sakakibara」と書かれた手書きの手紙でした。

2ヵ月後に警察が逮捕を発表したとき、容疑者は14歳の少年であることが判明し、「ショックを受けた」と述べたことは控えめな表現であった。加害者としてメディアで言及された「青年A」は6年間5ヶ月の監護権を持ち、その間に彼は心理カウンセリングを受けた。彼は一度も公開されたことはありませんが、2015年に294ページの自伝的回想録を「Zekka」(「Song of Desperation」)と題して発行しました。

未解決の重大な事件は、日本社会を悩ませ続けています。 2000年12月30日の夜、ビジネスマンの宮沢幹夫とその2人の子供が東京の世田谷区の自宅で殺害されてからわずか18年が経過しました。

月刊誌Bungei Shunjuの新年版に掲載されている12ページの記事の中で、作家の麻生郁は殺害に関する「新しい事実」を提供すると公言しています。 1つの可能なシナリオとして。麻生首相は、殺人事件は将来の任務に頼ることができるかどうかを確かめるための「テスト」として、外国の諜報機関(おそらく北朝鮮出身)によって犯されたかもしれないと示唆している。麻生氏によると、殺人者は指紋を残すことにそれほど慎重ではなかったでしょう。彼のDNAは、彼がほんの数時間以内に日本を出発することを知っていたならばです。

残念なことに、これらの種類の創造的な解釈は合法的に容認された証拠としての資格がないので、警察が彼らが彼らの人を捕まえたと発表するまで、麻生の解釈は推測の領域に残ります。殺人の制限の法令は2010年の刑事訴訟法の改正によってようやく廃止され、警視庁は依然として宮沢殺人事件を未解決の事件として扱って調査員のタスクフォースを維持している。

日本では漢方社会(規制社会)への継続的な進化の証拠として、ユビキタスセキュリティカメラの設置(顔認識機能付きなど)などの防犯への積極的な試みが見られる一方、法執行機関はいくつかの成功を主張できます。 。日本では拳銃の所有権は完全に禁止されており、弾薬と同様に散弾銃や狩猟用ライフル銃の販売も厳しく規制されています。これまでの半年間で、銃器による犯罪は年に1桁に抑えられていました(2017年の全期間で3回のみ)。

Source :

Japan Times

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


17 + 15 =