日本では、NBA 101が開催中です

Image: Staradvertiser

 

メンフィス・グリズリーズの長年のテレビの声であるピート・プラニカは、彼がここの小さな会議室に立っていたときにスクエアダンスであるように見えました。そして、スクリーンを設定しながら腰を突き出すというNBA違反を日本の放送局に示しました。

視聴者は、インタプリタを介して彼の仲間のコメンテーターに語った、「あなたがNBAについて知るためにそこにすべてがあることを知っていることを期待しなさい」と期待する

9月下旬の2日間、乾式消去ボード、ビデオ、およびPower Pointプレゼンテーションを使用して、Pranicaは規則の変更からチームごとの見通し、ゲームを放送する準備まで、すべてを辛抱強く丁寧に説明しました。彼の服装 – グリズリーズのポロシャツとカーキス – はカジュアルだったが、彼のメッセージはそうではなかった。

NBAは、過去30年にわたり、世界第3位の経済大国である日本に進出しており、1990年以降、12のレギュラーシーズンのゲームをプレイしてきました。

それでも、Pranicaのワークショップに参加している放送局の中には、野球やサッカー、あるいは高校のバスケットボールをカバーするために彼らのキャリアの多くを費やしてきた、リーグゲームを呼ぶ経験がほとんどなかった。

それは本当でしたか、Pranicaは各NBAゲームの3人のレフェリーの集合的なジャージの数が100を超えてはならないと尋ねられましたか?

「知っているわけではない」と彼は外交的に言った。

それゆえに、Pranicaのセミナーの緊急性。

日本では、バスケットボールが第1の参加スポーツであるフィリピンのような他のアジア諸国のように同じ熱心さや知識の深さでNBAが見られていません。米国外のNBA市場のトップである中国では、昨年推定3億人がこのスポーツをプレイし、6億4000万人の累積視聴者がリーグ番組を視聴しました。

NBAのグローバルメディア配信および事業運営担当シニアバイスプレジデント、マット・ブラバント(Matt Brabants)は、電話インタビューで、「フィリピンは、私たちが日本のような市場で見たいと思う種類の人気について考えるとき、私たちにとってのビーコンです」と述べた。 「そしてそれに取り組まなければなりません」

日本での足跡を広げるために、NBAは昨シーズン、東京に本社を置く巨大なEコマースおよびインターネット企業Rakutenと提携し、ライブゲームを全国に配信しました。 Amazonに匹敵することを目指している楽天も、2億2500万ドル相当の数年間の契約で同リーグの世界的スポンサーになった。

これとは別に、楽天は3年間で6千万ドルを記録したゴールデンステイトウォリアーズのジャージースポンサーになりました。会社名はチームのジャージと練習施設に表示されます。

楽天は、日本でこれまでで最も包括的なNBAのメディアパートナーシップです。しかし、多くの日本の野球選手やサッカー選手が著名な国際的なキャリアを享受してきたのに対し、NBAでプレーしたのは1人の日本人生まれの選手だけでした。

ガードであるYuta Tabuseは、2004年のPhoenix Sunsでの4試合で17分をプレーしました – ヒューストンでのYao Mingの殿堂入りのキャリアが中国でのバスケットボールの促進のためにしたような国を熱狂させることができるようなキャリアではありません。

スポーツの国際的な統治機関であるFIBAによれば、日本のような1億2700万人の人々にとってスペースが非常に重要な島国では、バスケットボールの遊び場は30か所しかありません。

近年、日本におけるプロバスケットボールの運営は混乱しています。日本バスケットボール協会は2014年にFIBAによって2つのプロのプロリーグの運営のために中断されました。

この問題は解決され、日本のバスケットボール連盟は2015年に復活しました。2つのプロリーグは、2016-17シーズンにプレーを開始し、降格と昇進を特徴とする、現在はBリーグという3層リーグに統合されました。プロサッカーリーグ。

UCLAの1995年NCAAチャンピオンシップチームでプレーし、2001年から日本でプロとして活躍してきたカリフォルニア人のJ.R. Hendersonは、バスケットボールのルールや戦術は日本ではあまり広く理解されていないと述べています。

「NBAについてではありません。ヘンダーソン氏は電話インタビューでこう語った。 「彼らはルールや代替パターンを理解していません。タイムアウトがゲーム内の特定の時間に呼び出される理由、ゲームが速くなることがある理由、そしてあなたがそれを遅くすることがある理由を理解していません。」

現在41歳のヘンダーソンは、1998 – 99年のNBAシーズンに当時のバンクーバーグリズリーズで30試合をプレイし、ここではJ.R.桜木として知られる帰化した日本国民となった。

彼は日本リーグのトップ部門のアイシンタツノオトシゴでプレーしています。ヘンダーソン氏によると、彼のチームメイトはNBAについて詳しく知り、その星を模倣しようとしているという。彼のチームの中で、彼は言った、「それはアメリカのファンと変わらない」。

しかし、彼のバスケットボールサークルの外では、ヘンダーソンは、「カーメロアンソニーが誰であるかを知っている人を見つけるのに苦労するだろう」と述べた。

しかし、日本がNBAの選手たちに慣れる機会が増えています。楽天協定により、リーグはより広範囲に公開されるようになります。昨年には、ダブルドライブというダブドリというバスケットボールの雑誌が出ました。そして、2020年の東京オリンピックには数十のNBAスターが参加する予定です。

ジョージワシントンでプレーした日本からの6フィート9の新人、渡辺裕太はメンフィスグリズリーズと2018 – 19シーズンの双方向契約を締結し、チームのGリーグ、または開発チームからの限定移籍を許可しました。 。

今まで日本のトップバスケットボールの見込み客となる可能性がある6-8の先を行く八村ルイは、ゴンザガで彼のジュニアシーズンに入っています。ゴンザガ氏によると、彼は日本代表チームの中核を担っており、ディビジョン1バスケットボールに出場するのは日本で5番目に男子となった男子選手だけです。

ヘンダーソン氏によると、NBAで「2、3年以上、2、3年以上の試合で成功することができた」とした。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


four − 3 =