日本が商業捕鯨を再開する

Image: Cumberlink

日本は水曜日、国際捕鯨委員会に30年ぶりに商業狩猟を再開する予定であると発表したが、批判の多い年間殺害で南極にはもう行かないと述べた。

1980年代にIWCが商業捕鯨にモラトリアムを課した後、日本は調査捕鯨と呼ぶものに切り替え、そして今や株式は商業捕獲を再開するのに十分回復したと述べている。

菅芳英首相官房長官は、「科学的根拠に基づいて水生生物資源の持続可能な利用を促進するという日本の基本方針に沿って」、日本は7月に商業捕鯨を再開すると述べた。

同委員会がクジラ保護と捕鯨産業の発展の両方の条約上の義務を負っているにもかかわらず、IWC(保護主義者によって支配されている)がクジラ資源の保護に焦点を当てていることに失望している。

「遺憾なことに、我々は異なる見解を持つ国家の共存を求めることはIWCにおいて不可能であるという決定に達した」と彼は記者会見で述べた。

Sugaは、商業狩りは日本の領海とその沿岸に沿ったその200マイルの排他的経済地帯に制限されるであろうと言いました。彼は日本が南極と北西太平洋の海洋への毎年の捕鯨遠征を止めるであろうと言いました。

IWCは、30年前には減少しているクジラの人口のために商業捕鯨に一時停止を課しました。 1987年に、日本はそれが研究捕鯨と呼ぶものに切り替えました、しかし、肉が家庭で市場で売られるので、プログラムは商業狩猟のためのカバーとして批判されました。

日本の当局者は、日本は捕鯨協定を去った後も、IWCのオブザーバーとして留まり、引き続きグループの科学会議や年次総会に参加する予定であると述べた。

環境保護団体Greenpeaceは水曜日の発表を非難し、クジラの資源が回復したという日本の見解に異議を唱えた。海洋生物は汚染や乱獲によって脅かされているという。

グリーンピース・ジャパンのエグゼクティブ・ディレクター、サム・アンズリー氏は声明の中で、「今日の宣言は、私たちの海とこれらの雄大な生き物の未来を守るために必要な保護はもちろんのこと、国際社会とは一線を画している」 「日本政府は商業捕鯨を再開するのではなく、海洋生態系を保護するために緊急に行動しなければならない」

オーストラリアの政府は、しばしば日本の捕鯨政策を批判的に批判しており、委員会を辞任するという日本の決定に「非常に失望している」と述べた。

しかし、ニュージーランドのウィンストン・ピーターズ外務大臣は、南洋からの日本の撤退を歓迎してオーストラリアに参加しました。南極海で商業捕鯨に戻るという野心のある国は日本だけでした。

日本の水産庁の役人で長年のIWCの交渉担当者であるモロヌキヒデキは、日本は科学に基づいて漁獲枠を慎重に決定するためにIWCの方法を使用すると述べたが、見積もりを出すことを拒否した。彼は日本が今後の商業捜索のために太平洋岸の7つの既存の捕鯨ハブを使うことを計画すると言いました。

モロヌキ氏は、商業捕鯨が実行可能な産業になる可能性があるかどうか、またそれがどのように成り立つかを見極める必要があるため、日本は緩やかな計画から始めていると述べた。 「最も重要なのは、多様で安定した食糧供給をすることです」と彼は言った。

水産庁は、日本が十分な資源を持っていると信じられている3種類のクジラを捕獲することを計画している – ミンク、セイとブライドのものです。

日本は何世紀にもわたって鯨を狩猟してきましたが、国際的な抗議と国内での鯨肉の需要の減少のために捕獲量を減らしました。 IWCからの撤退は、日本の野心的な南極狩りを阻止し、捕鯨の範囲を日本の沿岸周辺まで縮小するための面倒な一歩かもしれません。

2014年に国際司法裁判所がこの国の調査捕鯨プログラムは論じられていたほど科学的ではないと判決した後、日本は南極での年間割当量を約3分の1削減しました。日本は南極および北太平洋で毎年約600頭のクジラを捕獲しています。

漁業当局者は、日本は毎年捜索狩りから何千トンものクジラ肉を消費していると述べ、主に年配の日本人がノスタルジックな食事を求めています。これは、IWCのモラトリアム以前には、国内の鯨肉供給量の約20万トンにすぎません。批評家たちは、彼らは商業捕鯨が持続可能な産業になり得ると疑っていると述べた。

それにもかかわらず、日本の議員は、タンパク質の源としてだけでなく、日本の文化的伝統の一部としてクジラを宣伝したいと考えています。

「商業捕鯨の再開が(捕鯨)コミュニティの経済活性化につながることを願っています」と吉川高森農林水産大臣が与党の捕鯨委員会の会合で語った。

イルカ狩りで知られる日本の中心的な町太地市長、三原和隆氏はこの決定を歓迎し、捕鯨に関する日本の立場が国際社会から理解を深めることができるように科学的管理方法を固守することを誓いました。

スガ氏は、日本は12月31日までにIWCにその決定を通知し、IWCの撤退後も海洋生物の適切な管理に関する国際協力にコミットしていると述べた

Source :

Cumber Link

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


4 × 3 =