日本、ロシア、平和条約交渉を推進するための高水準の枠組みを求める

Image: Kyodo

 

日本とロシアは、戦後二国間平和条約締結のスピードを上げるための高水準の協議枠組みの構築を検討している、と政府筋が明らかにした。

安倍晋三首相とウラジミールプーチン大統領は、ブエノスアイレスで開催される20カ国首脳会議の席上で、両国が条約に署名することを妨げた長年にわたる領土紛争について議論する可能性が高い。日本政府内の情報源によると、この枠組みの発足。

プーチン大統領の外交政策諮問官、ユリ・ウシャコフ、ニコライ・パトシェフ、ロシア安全保障理事会の秘書は、ロシア側を代表して浮かび上がった名前の中に、谷野正太郎安倍晋三外相、イゴール・モルグロフ外務次官。

安倍首相は最近、ソ連のシコタンとハボマイ島の日本への帰還についての1956年の宣言に基づき、シンガポールでの交渉を加速するための会合で合意した。

首相が来月1日に首脳会談のためにロシアを訪れる際のさらなる進展のための基盤を整えることを望んでいるという。

外交通商部の高官は、「(平和条約)の協議を進めている(後の)合意の後ではなく、より早く実務レベルの交渉を開始する必要がある」と述べた。

安倍長官は1956年の合意に焦点を当て、両島の移転を優先するとの見通しを示した。これは、エトロールとネパールを含む4つの紛争地域すべての地位に関する問題を解決しようとする日本の長年の政策に反するかもしれない。国政 – 平和条約に署名する前に。

河野太郎外相は、ロシアとの交渉に先立ち、引き続き政府の立場を明確にすることを拒否した。

日本の北方領土とロシア南部のクルイル族で知られている島々の領土紛争は、両国が平和条約を締結するのを妨げている。旧ソ連は、第二次世界大戦での日本の1945年の降伏に続いて、彼らを押収した。

これまで、日本の森武夫外務副大臣とモーグロフは、島嶼における共同経済活動の促進を主目的とした交渉を主導してきた。

安倍は、東京とモスクワの間の信頼関係を構築することで領土紛争の突破口を目指しており、こうした活動の一環でもある。

安倍首相とプーチン大統領は、11月14日にシンガポールで開催された東南アジア諸国連合(ASEAN)諸国の会合の枠組みの中で、最新の1対1の会合を開催した。

Source :

Japan Times

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


5 × 1 =