台湾、今年の年次貿易協議の後、MOUを締結する

Image: CNA

 

台湾と日本は、両国の中小企業(SEM)の協力を強化する目的で、木曜日と金曜日の台北での年次経済貿易会議の後、5つの覚書(MOU)にサインする予定である。外務省(MOFA)が水曜日に発表した。

木曜日の台北アンバサダーホテルで閉幕会が始まります。

日台関係協会(TJRA)の崔義一(邱義仁)、日台交流協会(JTEA)会長の大橋光夫(大橋光夫)は、各国代表団を議論に導く経済・貿易問題に関する幅広い議論を行っている。

台湾は、日本が率いる広大な太平洋貿易協定である、太平洋横断パートナーシップ(CPTPP)の包括的かつ累進的な合意に加わることへの関心を表明することが期待されている。

一方、日本は、2011年3月11日の福島第一原子力発電所の災害による放射性降下物の影響を受けた日本の5県からの食糧輸入禁止措置を台湾が撤回することを期待している可能性が高い。先週の土曜日禁止。

12月には11ヵ国の貿易協定が発効し、2019年1月にCPTPP閣僚級会合が開かれ、新会員の加盟交渉が開始される予定です。

台湾と日本は、金曜日の経済・貿易協定が結ばれた後、中小企業間の二国間交流と協力を促進し、医療機器の質を向上させるための5つの覚書を締結する予定だという。

1976年に初めて開催されたこの年次会議は、二国間の経済貿易協力と両国間の交流を強化するように設計された。

昨年の東京での会合では、TJRAとJTEAは関税協力と文化交流に関する2つの覚書(MOU)に署名した。

Source :

Focus Taiwan

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


2 + nine =