仕事をこっそり眠る:日本企業は不眠の流行に取り組み

適切な休息がないと経済に年間1,380億ドルの費用がかかると見積もられているため、企業は仕事で仮眠を提案

Image: Theguardian

 

夜間の睡眠が十分でない可能性があるため、通常の職務の一部としてツールを使用して昼寝をすることができる雇用主のために働くことを想像してみてください。ルーム。

これらは、経済に年間推定1,380億ドル(1,800億ポンド)の費用がかかる不眠の蔓延に対抗するために、日本で増加している数の企業が使用している対策の一部です。

技術系新興企業は、いらだちで非生産的な従業員の間の「睡眠負債」に対処するために最も早かった。

昨年、ITサービスプロバイダーのNextbeatは、東京にある本社に、2つの「戦略的な寝室」を設置しました。1つは男性用、もう1つは女性用です。アロマの入った部屋には、背景雑音を遮断する装置があり、作業者はソファの上で体を邪魔することなく引き伸ばすことができます。携帯電話、タブレット、ラップトップは禁止されています。

Nextbeat理事の一人である住川恵美子は、共同通信の報道機関に次のように語った。

Nextbeatはまた、従業員に午後9時までに仕事を辞め、カロシの発生率の上昇や過労による死亡のせいにされている過度の残業を控えるよう求めています。

ある会社では、従業員に時間外勤務を控えさせ、妥当な時間に就寝させるように説得するための金銭的インセンティブさえも提供しています。結婚式の企画会社であるCrazyは、少なくとも夜間6時間眠る従業員に、社員食堂で食べ物と交換できるポイントを授与します。アプリを使って睡眠を監視することで、年間64,000円(458ポンド)相当のポイントを貯めることができます。

日本の労働者は、仕事中であろうと長距離通勤中であろうと、昼間の居眠りを促すことを最も多くの理由で申し出る必要があります。

28カ国でフィットネストラッカーを使用して実施された調査では、日本人男性と女性が一晩平均6時間35分、国際平均より45分少ない睡眠をしていることがわかりました。

これとは対照的に、フィンランドの女性はほぼ1時間長く、平均7.45時間眠ります。調査によると、エストニア人、カナダ人、ベルギー人、オーストリア人、そしてオランダ人とフランス人は皆、かなりまともな夜の睡眠をとる。

健康製品メーカーの富士良樹氏による別の世論調査では、20歳以上の日本人の92.6%が十分な睡眠が取れていないと回答しています。

雇用主が正式に昼寝を制裁していない疲れた労働者でさえ、少なくとも数分間自分の頭を机の上に置いたままにしても問題にならないことはわかっています。企業は一般的に、眠りの兆候としてではなく従業員のコミットメントを示すものとして、未熟さ、または「存在している間の睡眠」を容認しています。

保健省はすべての就労年齢の人々が早朝に最大30分の昼寝をすることを勧め、政府はまた十分に休んでいる労働力の個人的および職業上の利益に感謝するようになりました。国の政治家。

Source :

The Guardian

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


5 × two =