中国とトランプ、日本が「空母」F-35戦闘機に投資するのを目の当たりにして

Image: Washingtonpost

 

日本の安倍晋三首相は、第二次世界大戦後の初の空母を効果的に島嶼国に配給する予定で、中国からの脅威が増大していることから、米国製のF-35戦闘機を何十枚も購入する計画を発表する。防衛のガイドラインとメディアの報告書。

日本の防衛戦略の主要な見直しを構成しているこの計画は、与野党の委員会で承認され、来週中に内閣に提出され承認される。

日本は今後5年間で40〜50台のF-35を購入する計画を発表する予定だが、最終的に100機を購入する可能性があるという報道がある。それは、日本との米国の貿易赤字と何万人もの米軍駐留の費用に不満を抱いているトランプ大統領をむかつくという追加の利益をもたらすだろう。

しかし、主要な原動力は、日本が、平和主義憲法と文化にもかかわらず、米国との同盟によって保護されているにもかかわらず、防衛をもっと真剣に取る必要があるという、安倍長官の確信である、と専門家は述べた。それにもかかわらず、この動きはすでに始まっている。批評家たちは、日本の軍国主義的な過去の思い出を呼び起こすと言っている。

安倍晋三官房長官は、「政府の最も重要な責任は、国民とその平和な生活を守ることだ」と述べた。

激しく変化する安全保障環境下で、この責任を正当に履行するためには、人々の生活、財産、領海、空域を私たち自身で保護するための準備を根本的に強化しなければなりません。

安倍晋三官房長官は、「以前とは根本的に異なるスピードで改革を進めている」と話したが、実際には、日本が敗北した後の軍事化に似た何かを広く批判し、世界最大のキャリア艦隊です。

防衛指針によると、日本は短距離離陸と垂直着陸(STOVL)機を含む戦闘機のラインナップを構築することを望んでおり、「必要に応じて、現在所有している船舶からSTOVLを運用するために必要な措置を講じる」と述べた。

これは、垂直滑走路で作動可能なB型F-35を購入することを意味していると、前野国防長官はインタビューで語った。

日本はまた、ヘリコプターを搭載したフラットトップ型の船「イズモ」の甲板を強化し、離陸時のF-35Bの発熱に耐えることができると同氏は述べた。

しかし、10月に辞任する前に計画を立案する上で主導的役割を果たした小野寺氏は、日本が真の航空母艦になるためには船の再整備が不十分であると指摘した。

「それは飛行機運送業者として出雲を運営するのではなく、タイプB [F-35s]が着陸して離陸することを可能にするために再建することだ」と彼は言った。 “考えは、事故や給油の突然の必要性を含む様々な状況に対応することです。ご存知のように、航空会社として運営するためには、大幅な再設計が必要になります。それは我々が考えていることではない」

事実、防衛省は、船団内の2つの出雲級船舶は、運送業者ではなく「多目的護衛艦」と主張している。

しかし、それは日本とそのライバルの中国からの批判を止めていない。

編集部では、日本の日刊朝日新聞は、安倍氏が「赤い線を横切っている」と主張した。

「航空貨物船を導入することによって、日本は実際に軍備増強に熱心になるだろう」と述べた。中国の軍事力の上昇に対抗することは容易ではないと主張しているが、日本は “この地域での無力な武器競争を引き起こさない”慎重な計画を必要としている。

予想されるように、中国の国家主義者であるグローバル・タイムズ紙は、先月の出雲計画に反応して先月、「このような積極的な動きが国の軍国主義の歴史を繰り返す可能性がある」と主張した。

しかし、日本の保守派サンケイ紙は、新ガイドラインが十分に進まなかったと主張し、国防総省の予算を大幅に引き上げ、敵対基地を攻撃する能力を開発することを「懲罰的抑止抑止」の一形態とした。

戦略国際​​問題研究所のマイケル・グリーンとランド・コーポレーションのジェフリー・ホーナン氏は、安倍氏の計画は、中国や北朝鮮の脅威と国内の挑戦を受けて、十分に野心的ではないかもしれないと主張した人口が減少している国で軍人の募集と不足が増えている。

とりわけ、日本は、現在の国内総生産(GDP)の1%からNATOの目標(2%)に向かって防衛支出を引き上げることを推奨している。

安倍氏は、自衛隊と呼ばれる日本軍の防衛的役割を合法化するために憲法を改正したいと考えているが、日本の憲法は国際紛争を解決する手段として、戦争と脅威あるいは軍の使用を放棄している。

安倍首相は、昨年の北朝鮮緊張の中で、米国から2つのイージス・アショア弾道ミサイル防衛部隊を購入することを決定した。これは論争の的になったもう一つの画期的な一歩だ。

出雲の再建は、日本が南西から北東に約2,000マイル伸びる6,852の島々を守るのに役立つように設計されています。一定の緊張の源泉は、日本が支配している尖閣諸島であるが、中国がそれを釣魚島と呼んでいると主張している。

全荷重が27,000メートルトンである814-f00t出雲は、主に対潜水艦戦のために設計されています。米海軍が運航する航空会社よりもはるかに小さく、最大10万トンに達します。

「あなたに与える追加的な電力投射能力について議論することができますが、キャリアのような政治的な決意を示すものは何もありません。なぜ中国人が2つあり、3位を築いているのですか? 世界は、新しいアメリカの安全保障センターのリチャードフォンテーヌ(Richard Fontaine)会長は語った。

安倍氏は、中国と北朝鮮が日本を脅かす主要な脅威であるにも関わらず、米国と日本が実行している「大規模な」貿易赤字と米軍の配備費用について不平を言う米国の大統領と対立しなければならない。

しかし、先月ブエノスアイレスで開催されたブエノスアイレスでの会合前に、トランプは赤字が縮小していることを認め、「日本は大量の戦闘機やF-35などを購入しており、非常に感謝している」

多くの専門家は、安倍氏はトランプとの難しい関係を巧みに管理しており、日本には米国展開の費用の大部分を支払っているということを覚えている。

しかし、日本の誰もが、米国からの武器購入のシェア上昇に熱狂しているわけではありません。

別の記事では、朝日新聞は、「アメリカを買う」という圧力が、日本の防衛産業とステルス戦闘機を開発する計画を崩壊させていると主張した。

他は同様の懸念を表明した。

ジャーナリスト、国家安全保障専門家の冨坂聡氏は、「軍事機器は、米国が私たちにそれを購入して使用させるように、空から落ちている」と話した。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


15 − seven =