中国、米国に向けて日本の沖縄でミサイル訓練を実施

Image: Yahoonews

 

ワシントンがますます主張を強めている中国に対抗しようとしているので、米軍は今年木曜日(1月3日)の報道によると、沖縄の日本の島の周りに初めてのミサイル訓練を行うでしょう。

米軍は、日本の主要な同盟国による最初のそのような訓練のために、戦略的に重要な沖縄に対面ミサイルを今年配備することを計画していると対米国軍に伝えた。

その訓練は中国の対地弾道ミサイルからの潜在的な攻撃に対する対抗策として見られる移動式ロケット発射装置を含むであろう、と紙が言った。

近年、中国の軍艦は、日本の米軍の大半が拠点を置いている沖縄の近くの海域を頻繁に航行してきました。

専門家らは、中国のますます活発な海上活動は、沖縄、台湾、フィリピンを結ぶいわゆる「ファーストアイランドチェーン」内の水の管理を確立する計画の一部であると言います。

一部のアナリストは、北京が西部太平洋における米国の軍事的支配を終わらせるために、日本の南の小笠原の島チェーン、グアムの米国領、およびインドネシアを結ぶ第二の島のチェーンの制御を行使することによって努めると信じています。

中国の急速な軍事力増強はアジアの近隣諸国を不安にさせ、昨年の日本の防衛隊長は、中国が前年に一方的にその軍事活動を「一方的に拡大」していたと述べた。

北京は、その活動は自衛のためであると主張している。

軍事的競争が激化しているにもかかわらず、米国と中国は互いの最大の貿易相手国であり、中国は米国の国債の最大の保有者の1つです。

しかし、大規模な二国間貿易の不均衡は世界の上位2つの経済間の摩擦を引き起こしており、ワシントンと北京は昨年、双方向の貿易の合計で3,000億米ドル相当を超える商品に対価の関税を課しています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


18 − 6 =