世界経済:アジアの見通しは、工場活動が滑るにつれて暗くなり、新しい注文は減少する

Image: REUTERS/Stringer

 

アジアの経済見通しは11月に工場活動や輸出受注が弱含み、アナリストは世界的な貿易摩擦の急速な反発で急速な反発を予想していないと憂慮した。

インドネシア、台湾、韓国など様々な国で、11月に製造業の動きが鈍化したことを受けて、IHS Markit Purchasing Managers ‘の指数が月曜日に示された。

中国では工場活動がわずかに増加したが、新輸出注文は、中国と米国の貿易摩擦によってすでに傷ついている分野へのさらなる打撃を受けた。

調査結果は、月曜日の早い時期に、輸出依存型経済の主要な要因と考えられていた日本の設備投資の急激な減速を示している。

アルゼンチンのG20首脳会議で合意した米国と中国の指導者たちは、貿易紛争の停戦合意に同意し、世界経済見通しにある程度の安心感を示した。

しかし、アナリストたちは、両当事者が合意に至るまでに90日間の締め切りを守ると、行の決定的な解決は依然として遠かったという。

SMBC日興証券のチーフ・マーケット・エコノミスト、丸山義正氏は、「90日間の停戦後、世界経済に重きを置いた後、中米の貿易戦争が再び激化する大きなリスクがある」と述べた。

「中米の貿易戦争は、世界の経済見通しの最大のリスクである」と彼は語った。

インドバックストレンド
この傾向を受けて、今年11月のインドの工場活動は、企業が価格を引き上げることを可能にする国内外の需要の増加を背景に、今年最も速いペースで拡大した。

11月の中国の製造業活動は若干増加したが、世界的な需要の鈍化を反映して新規輸出受注が減少したという調査結果が示された。

11月の金曜日の公式PMI調査では、中国の広大な工場部門の成長率が2年以上で最も低いとの見通しを裏付けている。

韓国の11月の工場活動は、新しい輸出注文が5年以上で最も縮小したことで2ヵ月の短期間で再び縮小し、世界的な需要の減速による企業の圧力が高まっています。

修正された調査によると、第4四半期には経済成長が鈍化する可能性があるという憂慮の兆しの中、11月の日本の製造業活動は新受注の伸びが減速したため、1年以上で最も遅いペースで拡大した。

IHS MarkitのエコノミストJoe Hayes氏は、「購買担当者の指数を作成する」と述べ、「下の写真は引き続き緩やかな動きを続けており、景気は減速傾向に傾いている。

日本の景気は、自然災害や世界需要の減速などにより、7〜9月に1.2%減少し、工場の生産高や輸出額が低下しました。

多くのアナリストは、今四半期に日本経済が回復すると予想しているが、貿易摩擦の暴落が広がるにつれ、期待される上昇が予想よりも弱くなる可能性があることを警告している。

月曜日の資本支出の読書は、来週の改定された国内総生産(GDP)データが、経済が最初に計算された以上に縮小したことを示すだろう、というアナリストは言う。

みずほ証券のエグゼクティブ・マーケット・エコノミストである末広徹氏は、「7〜9月のGDPの縮小は、

今年の初めから世界的な成長が鈍化していることから外需は弱体化しているため、日本経済の更なる強化が期待できない。経済は当面停滞するだろう」と述べた。

Source :

Reuters

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


20 − nineteen =