世界的な市場の変動の中で、日本は2019年に最良の賭けの1つになる可能性があります

Image: クリスマクグラス| ゲッティイメージズ

 

日本は、米国、欧州、中国と比較してミクロ経済とマクロ経済の問題に直面しておらず、マッコーリーのコモディティ市場とグローバル市場チームのアジア戦略の責任者であるビクトル・シャベル氏によると、2019年にはベストベットの1つに終わる可能性がある。

シャベル氏は、世界市場の不安定さと成長率の低下が他の経済大国が直面している状況の中で、他国と比較してより持続可能な道のりである可能性がある、と述べた。

Shvets氏は、世界のボラティリティと比較して、「日本は平穏だ」と述べた。

米国では、ドナルド・トランプ大統領の政権と議会が分かれており、欧州は来年の欧州議会選挙と欧州中央銀行会長の交代の準備を進めている。一方、中国は独自の貿易と国内の課題を抱えている。

日本政府は30年以上にわたって日本経済を管理してきた」と語った。

経済におけるその他のポジティブな姿勢には、民間部門の健全性が含まれる、とシェブツ氏は付け加えた。 「だから、日本は実際には最高のパフォーマンス資産に終わるかもしれないと思う」

People walk on the street in Akihabara, Electric Town in Tokyo, Japan.
Image: クリスマクグラス| ゲッティイメージズ

貿易戦争の緊張

OECDの予測では、貿易緊張と財務状況の厳しさから、2019年には世界的な成長見通しが低下する可能性があることが示されている。

世界の2大経済大国である米国と中国は、今年の大半において激しい貿易戦争に巻き込まれている。

米国は2500億ドルの中国製品に関税を課し、以前は輸入で2億6,700万ドルの関税を払うと脅した。中国は、農業などの政治的に重要な産業を対象とした米国の輸入額110億ドルに関税を課して報復している。

「米国は中国に何を求めているのか、中国は与えることができないのか、米国は何をするのか、アメリカは許さないのか」 – ヴィクトル・シャベル、マッコーリー
両国は90日間の停戦に合意しているが、多くの専門家は、2人の経済大国間の緊張を完全に緩和するための具体的な措置は短期間で達成できるとは考えていない。

シャベル氏は、「米国は中国に何を求めているのか、中国には与えることができないのか、中国は米国にすることを望んでいる」と語った。

ワシントンは、北京との貿易赤字を減らすことに加え、知的財産権や技術盗難の問題を最優先課題としている。

Shvets氏は、テクノロジーを互いに盗んだ国は新しいものではなく、19世紀の早い時期から続いていると指摘した。

「新興で成長している経済は、通常、他の国々から技術を盗み出すもので、何も新しいことではなく、米国、ドイツ、日本、韓国に至るまで一人一人がやっている」

キーは、中国が世界に関わり続けることを望んでいるということだ。 「彼らがしたいのは、可能な限り迅速にバリューチェーンをさらに上げていくことです。世界が彼らに与えることができないことは、現在の環境の継続です。

Source :

CNBC

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


seventeen − 8 =