マグロは日本の新年の魚市場で記録的な270万ユーロで販売しています

Image: Euronews

 

日本の寿司大物は、今年の東京の新しい魚市場での最初のオークションで、巨大なマグロに記録的な3億3,360万円(270万ユーロ)を支払った。

スシザンマイの飲食店チェーンを営む木村清は、日本の北部沿岸で漁獲された278キログラムのクロマグロを購入しました。

木村氏は「マグロはとても美味しくてとても新鮮に見えますが、やりすぎたと思います」と記者団に語った。

寿司の上司は、彼が2017年に入札されるまで、6年間連続で新年のオークションで1匹の魚のために最も支払ったという記録を保持していました。

今年のオークションは、有名な築地市場が2018年に閉鎖され、東京2020年夏季オリンピックのための一時的な駐車場を提供した後、豊洲市場で初めてとなりました。

クロマグロは、世界野生生物基金によって絶滅危惧種に分類されています。

12月、日本は商業捕鯨を再開し、国際捕鯨委員会(IWC)から撤退すると発表しました。

この協定は、一部の種がほぼ絶滅に追い込まれた後の1986年に商業捕鯨を禁止した。

日本の当局者は、クジラを食べることは国の文化の一部であると述べました。

Source :

Euro News

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


2 × two =