ノーズはそれを持っています:日本は次世代の新幹線、トップスピード224 Mphを発表

Image: fortune

 

1964年に日本で高速鉄道が登場して以来、各国は高速列車をさらに誇りにしています。在来線の記録保持者は多くの場合フランスでしたが、現在は中国が約350km / h(217mph)の北京 – 上海線で最速の定期便を運行しています。上海磁気浮上列車は431 km / h(268 mph)に達する。

東日本旅客鉄道では、スピードとスタイルの両面で競争相手に匹敵するプロトタイプを発表した。目標の動作スピードは360km / h(224mph)。より速い停止も提供することを意図しています。いわゆるALFA-Xは実際には16と22メートルの長さ(52と72フィート)の特に尖った鼻を持つ2つのバージョンで構成されています。同社の既存の新幹線は、15メートルの鼻を持っています。これらのより尖ったものは、例えば列車がトンネルに入ると空気をより滑らかに偏向させるのに役立ちます。

同社はブレーキシステムと安全システムもテストする予定だとジャパンタイムズは報じている。列車は何らかの理由で減速停止する必要がありますが、日本は地震の影響を受けやすく、電車を停車させ脱線を防ぐ早期警戒システムを開発しています。

中国はまた、高速列車の他の用途を実験しようとしており、その多くは専用線で走っている。今月初め、初の水中高速列車の承認を発表した。そのような既存のトンネルの中で最長のものは英国とフランスを結ぶチャンネルトンネルですが、中国はもっと長いトンネルを計画しています。

Source :

Fortune

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


five × three =