タトゥー論争に関する日本の自国の報道報道のヒント

Image: Getty Images

 

2020年の夏にオリンピックが東京に来る前に、日本は今秋ラグビーワールドカップで国際的なスポーツイベントの開催地としての地位を証明するチャンスを得るでしょう。ゲームは全国12のスタジアムの間で広がるでしょう、それはちょうど国際的な東京よりむしろ全国が焦点となることを意味します。その結果、ホストコミュニティの多くは必ずしも殴打された外国人観光客の道をたどるわけではないので、おもてなしは幅広い文化的感度でテストされます。

大分県別府市に行きます。準々決勝の1つを含む5つの試合は、大分市にある大分スタジアムで行われ、12月によると。西日本新聞30号では、地元のおもてなしの分野で、入れ墨をした外国人選手や観客について何をすべきかに関していくつかの懸念があります。別府では、この地域を有名にする温泉(温泉)に参加したいと考えている人もいますが、新聞によると、この地域の400の温泉施設の70%が入れ墨のある入浴を許可していません。彼らは「他の客を不快にする」とか「他の客を不快にする」と怖がっていますし、「他の客」とは彼らのビジネスのほとんどすべてを占めている日本人客を意味します。

地元のホテル経営者協会は、それが彼らの意見のためにメンバーの施設を調査すると言います。現状では、入れ墨された利用者を「受け入れる」と言う施設は100あり、ラグビーワールドカップの1ヶ月の間に限り、協会は他の人たちに自分たちのルールを緩和するよう説得することを望んでいます。 12月産経新聞の記事25には、タトゥーフレンドリーな温泉100本の地図を掲載した英語のウェブサイトが掲載されていますが、その地域の宿泊施設の多くはそのアイデアに抵抗していることも意味しています。ある旅館のある代表者は、あるタクシーをしている人が「反社会的」であるかどうかを見分けるのは「難しい」とサンケイ新聞に語った。 「日本人の人なのか外国人の人なのかをはっきりさせずに入浴すること。地図をデザインした組織は、1つの選択肢は入れ墨された利用者のための排他的な入浴時間を取っておく温泉施設のためであると言いました。

これら2つの記事の注意深い調子は、別府のほとんどの温泉リゾートがラグビーワールドカップの前、最中、後にタトゥースポーツをする訪問者には閉鎖されたままでいることを示唆しています。日本人の平均的な入れ墨への嫌悪感、より正確に言えば、自発的に入れ墨をした人への嫌悪感 – これはかなりの数の外国人アスリートを表している – は深く根付いているように思われる。

9月に毎日新聞は、この嫌悪感を、最近のインターネット上の人気テレビパーソナリティーであるRychhellに対処する手段として説明しようとする機能を実行した。8月には、自分の画像をInstagramのスポーツタトゥーに妻と新生児の名前で投稿した。 。毎日新聞は、関東弁護士連合会による2014年の調査によると、20歳から60歳までの1000人の回答者のうち、1.6%しかタトゥーをしたことがないと述べた。 「著名人が入れ墨をしても大丈夫ですか」という質問に関しては、肯定的と否定的に均等に答えが分かれていましたが、家族の1人がそれを受け入れてもよいかと尋ねられたとき、81.4%が答えました「Ryuchellの入れ墨に対する最も一般的に引用された異議は、それが父親が持つべきものではないということでした。

文化人類学者の山本義美氏は毎日の新聞に、儀式的な理由または集団の象徴的な存在であることから、入れ墨は長い歴史があると語った。しかし、江戸時代(1603-1868)に政府が犯罪者をマークするために使用し、当局は、タトゥーがそれぞれの文化の一部であるアイヌの人々と沖縄の人々を対象とするタトゥーアーティストを取り締まりました。 。この政策は一般の人々の間で入れ墨を悪魔化することに大いに役立ちましたが、入れ墨は、組織犯罪についての映画が流行した1960年代まで先住民の芸術形態として繁栄し続けました。これらの映画の暴力団はしばしば高貴な意図を持っていますが、彼らが入れ墨を好むという事実は入れ墨された個人が反社会的勢力であるという概念を強化しました。

さらに詳しく言うと、山本の研究によると、現代の日本の家庭には専用の浴室があり、入れ墨を見るのが一般的であった数少ない場所の1つである銭湯への定期旅行をする必要がなくなりました。一般の視聴から締め出されて、入れ墨の肉は禁じられたカシェをさらに獲得しました、そして、60年代の前に入れ墨の二重の見解がありましたが、その後その見通しは否定的に向かって圧倒的に薄くなりました。

西日本新聞や産経新聞の記事のように、タトゥー論争についての最も一般的なメディア報道は、おそらく、メディアが禁止の一部の背後にある可能性について言及しなければならないために、不適切な差別外国人への恐れです。毎日新聞の記事はこの問題を部分的に取り上げており、入れ墨は単なるパーソナライズされた装飾の形として認められています。新聞は社会的心理学准教授である鈴木智宏を引用しており、彼らは、ピアスや染毛と同様に、タトゥーを容認するように成長すると「ファッションステートメント」と予測しています。それらのヤクザ映画のおかげで、タトゥーのための日本語の言葉、「いれずみ」はそれと共に反乱の概念を伝えます。英語の単語 “tattoo”は、あまり読み込まれていません。

マスメディアは原則として顧客を失う危険を冒したくない企業に同情する傾向があるので、たとえそのような偏見が常識と矛盾するとしても、社会が入れ墨を受け入れるのはより長くかかるかもしれません。産経新聞の記事に記載されている温泉の従業員とは異なり、ほとんどの人は暴力団と外国のラグビー選手の違いを見分けることができます

Source :

Japan Times

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


5 − five =