スクワットトイレの廃止

スクワットトイレを洋式トイレに交換する傾向は、2020年の東京オリンピックとパラリンピックに向けて加速しています。

Image: Nippon

 

ウォータージェットを備えたハイテクトイレは現在、多くの日本の家庭で標準装備されていますが、1960年代までは人々が伝統的なスクワットトイレを使用するのが一般的でした。 その頃から、日本住宅公社(現在の都市ルネサンス機構)が公営住宅にそれらを装備することを決定したことに拍車がかかり、洋式トイレの使用が徐々に拡大しました。 日本の大手トイレメーカーのTotoによると、1976年に製造された洋風トイレと和風トイレの数はほぼ同じでしたが、その後は洋風トイレの生産が急増しました。 2015年までに、スクワットトイレは同社が製造した全トイレのわずか1%を占めました。

地震、台風などの自然災害が発生した場合に、避難場所となる小中学校で和風トイレを洋風トイレに取り替える動きがあります。 これは、2016年4月の熊本県の地震と2018年9月の北海道の地震に続く避難場所の状況への対応です。 どちらの場合も、足が弱いためにしゃがみたくないという理由で、高齢者は西洋式のトイレを使うように並んでいました。 多くはトイレに行くのをもっと長く待ったか、またはより少ない液体を消費しました。

2016年11月に文部科学省が実施した調査によると、公立の小中学校では全トイレの約60%が和風トイレであることがわかりました。 政府は現在、これらの学校の洋式トイレの割合を今後3年以内に80%にまで高めるという目標の実施を検討しています。

観光庁が実施した2016年の調査では、日本の主要な観光地にある4,000の公衆トイレの約40%が和風トイレであることがわかりました。 しゃがんだ方が衛生的だと感じる人もいますが、圧倒的多数の人が洋式トイレを好んでいます。 特に外国人観光客はスクワットトイレを使用する方法を知らないかもしれませんし、それらを不衛生だと思います。

このような意見を受けて、東京都は2020年の東京オリンピックとパラリンピックに備えて洋式トイレの増設を目指している。 東京メトロの地下鉄サービスは、179の駅すべてに洋式トイレを設置する予定です。一方、都営地下鉄のサービスは、洋式トイレの割合を現在の60%から95%に引き上げることを目的としています。

Source :

Nippon

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


nine − 5 =