インフラのサイバー保護を強化する日本

Image: NHK

 

日本政府は、重要な国内インフラのサイバー攻撃に対する保護を強化するための措置を講じています。

政府は今月、予防策について議論するためにインフラ事業者からの関係者と面談する予定です。 事業者には、電力会社、ガス会社、水道会社、鉄道会社、空港会社が含まれます。

4月には、政府は地方自治体、インフラ事業者、その他の団体の役人とも面談します。 彼らは、サイバー攻撃による被害の拡大を防ぐ方法について議論します。

政府高官は、通信機器を調達する際に情報漏洩およびその他のセキュリティリスクを考慮に入れることを決定しました。 彼らは、そのような装置がサイバー攻撃のために悪意のあるソフトウェアで埋め込まれることを恐れています。

この決定により、政府は中国の通信大手Huawei Technologiesおよび製造元のZTE Corporationによって製造された製品を日本市場から効果的に除外することになります。

Source :

NHK

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


four × five =