なぜ日本が国際捕鯨条約から脱退するのが実際にクジラに利益をもたらすのか

Image: KYODO/NEWSCOM

 

2018年12月26日、日本は国際捕鯨委員会(IWC)から撤退し、自国の水域で商業捕鯨を再開すると発表し、世界各地で激しい批判が引き起こされました。イギリス環境長官のMichael Goveは「非常にがっかりした」と語り、Greenpeaceはこの決定を「国際社会とは一歩外れたもの」とし、ホリデーシーズンの真っ只中の時期を「卑劣」とした。

しかし、一部の環境保護論者は、ハンド搾取者はその点を見逃していると言っています。最も重要なのは、日本が科学研究の分野で「大規模な捕鯨をやめる」ことを決定したことです、とドイツのEmmendingenにある生態系管理研究センターの海洋人口評価スペシャリスト、Justin Cookeは言います。クジラの肉への欲求が低下していることを考えれば、日本は自国の海域でより多くのクジラを捕獲することはまずないだろう、と彼は付け加えました。

マサチューセッツ州ヤーマスの国際動物福祉基金の捕鯨スペシャリストであるPatrick Ramageはこれに同意します。 「それはクジラにとっては朗報だ」と彼は言う。そしてまたIWCにとっても、それはついには「捕鯨をめぐる食糧争い」を終わらせ、クジラ保護における他の問題に集中することができる。

日本は1986年以来IWCモラトリアムの下で禁止されている商業捕鯨を再開するというその希望を隠したことがない。ここでは、Cetacean Research(ICR)が主にミンククジラを捕獲しています。その中には、セミクジラ、ニタリクジラ、その他いくつかの種が捕獲されています。日本の科学者たちは、特に動物の食事や年齢を決定するためには鯨の剖検が不可欠であると主張したが、批評家はこの調査を商業捕鯨のイチジクの葉として棄却し、意味のあるデータは得られないと述べた。

2014年3月、国際司法裁判所は、オーストラリアが提起した訴訟で批評家を批判し、南極捕鯨調査を中止するよう日本に命じました。日本は1年間南極観測航海を中止し、その後裁判所の判決に準拠しているとみなした新しい計画のもとでそれらを再開した。

捕鯨は飛び込みます

科学プログラムでは、日本は何千ものミンククジラとより少数の他の種を収穫しました。クジラの肉の需要が落ち込んだこともあり、捕鯨が沿岸水域での商業的狩猟に限定されている場合はさらに減少する可能性があります。

しかし、2018年9月にブラジルで開催されたIWCの年2回会議でも、日本は商業捕鯨を再開する新たな計画を提案しました。それは持続可能な方法で行うことができると述べました。現在の南極のミンククジラの個体数は「明らかに危険にさらされているわけではない」とIWCは認めています。しかし、その戦いはもはや持続可能性だけではありません。捕鯨相手は雄大な哺乳類のための血まみれの狩りは単に非人道的だと言う。 IWCは日本の提案を棄却し、会議はIWCの目的が鯨類個体数の産業革命前の水準への回復を確実にし、商業捕鯨のモラトリアムを再確認することであることを強調した決議を採択した。その1対2のパンチが日本の12月の発表を引き起こした。

日本は現在科学捕鯨プログラムを放棄するが、年間予算6800万ドルのICRがどうなるかは不明である。 「その規模はそれほど重要ではないかもしれないが、鯨類科学に貢献する研究機関として何らかの役割を果たす可能性が高い」と、東京政策研究所の元IWCの代表である小松雅之は言う。

その間、日本の捕鯨努力はそれ自身の沿岸水域とそれらのまわりの320キロメートルの排他的な経済地帯にシフトするでしょう。クジラが危険にさらされるかどうかは議論の対象です。北半球のミンクの集団は全体として「脅かされてはいない」と語ったが、朝鮮と日本の近くの海にはJ株と呼ばれる「普通ではないユニークな」集団があり、夏は繁殖しません。冬、彼は言います。

日本の漁師はすでにこれらの海域で毎年約100匹のミンククジラを捕まえている、とコマツは言う。 (伝統的なpoではなく、それらはIWCモラトリアムの下で許可されているネットを使用します。)しかし、har with捕獲で収穫を増やすことはJ株に圧力をかける可能性があります。日本の12月の発表によると、「鯨類資源への悪影響を避けるために」漁獲枠が設定される予定だが、詳細は明らかにされていない。

市場の力が問題を解決するかもしれません。 2018年9月にIWC委員長として2年間の任務を終えた東京海洋大学の漁業専門家、森下譲二氏は、捕鯨は依然として「実行可能な」事業であると考えている。他は疑わしいです。消費者の嗜好の変化と環境意識の高まりにより、すでに1965年の203,000トンから2015年の4000トンへと急激に減少しています。3社の大手漁業会社は商業捕鯨に関心を寄せていないようです。クック氏は、日本がノルウェーに進出するのではないかと疑っている。「ニッチな事業はニッチな市場に食料を供給しているが、市場への関心の低下と捕鯨への関心の低下である。」

日本はオブザーバーとしてIWCに参加し続けるつもりですが、もはやグループの予算には寄与しません。 IWCは、船のストライキ、混獲、生息地の喪失、そしてRamageが呼んでいるものを含む、クジラに対する他の脅威により多くの時間を費やすことができます。クジラの将来に対する「実存的問題」気候変動の影響

Source :

Science Mag

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


18 − 4 =