ツーリングのオートバイどうしが衝突 2人死傷 鳥取 大山

Photo: nhk

 

26日午前、鳥取県の大山の中腹を通る道路で仲間とツーリングをしていたオートバイどうしが正面衝突して、56歳の男性が死亡し、48歳の男性が大けがをしました。

きょう午前8時ごろ、鳥取県伯耆町栃原の県道で対向してきたオートバイどうしが正面衝突しました。

警察によりますと、この事故で一方のオートバイの日野町の団体職員、筒井洋志さん(56)が胸を強く打って死亡しました。

もう一方の米子市の48歳の会社員の男性が、首の骨を折るなどの重傷です。

現場はツーリングコースとしても人気がある大山の中腹を通る道路の片側1車線のカーブです。

調べによりますと2人は、それぞれ仲間と一緒にツーリングをしていたということです。

警察は筒井さんのオートバイがセンターラインを超えて対抗車線にはみ出した可能性があると見て、事故の原因を調べています。

Source :

nhk

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


three × three =