会社員と6歳長男、遭難か 新潟・阿賀野で登山

Source: nikkei

 

新潟県阿賀野市の五頭連峰周辺へ5日、登山に出掛けた新潟市北区の会社員、渋谷甲哉さん(37)と小学1年の長男、空君(6)が帰宅せず、県警と地元消防、阿賀野市は遭難したとみて7日、捜索を始めた。同日中に見つからず、午後6時ごろ終了した。8日早朝に再開する。

県警阿賀野署によると、2人が登山に出掛けた後の5日午後4時ごろ「道に迷ったのでビバークする」と渋谷さんの父親に携帯電話で連絡があった。だが6日午前7時半ごろ「下山する」との電話がかかってきて以降、通話ができない状態になっている。同日午後6時ごろ、父親が署に届けた。

県警などは当初、家族の話から赤安山(582メートル)と扇山(524メートル)を中心に捜索したが、2つの山の北東にある松平山(954メートル)の登山口で渋谷さんの登山届が見つかった。

5日午後に松平山の登山道で渋谷さん親子とみられる2人を見たという情報も寄せられ、この登山道の周辺にも捜索範囲を広げた。目撃情報によると、いずれも軽装で子供はスニーカーのような靴を履いていた。

警察官や消防隊員らの捜索隊が地上から捜したほか、県警や県のヘリコプターも出動した。現場周辺は雨が降り続け、視界が悪かった。

Source :

nikkei

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


eighteen + 3 =