ナスカ近くで25以上の地上絵、新たに確認

Source: nikkei.com

 

【リオデジャネイロ】ペルー文化省は、同国南部パルパで、動物などを描いた25以上の地上絵がドローンを使った調査により新たに確認されたと発表した。

 パルパは砂地に広がる地上絵が世界文化遺産に登録されているナスカの北方にある。

 同省の発表によると、猿やシャチ、ペリカンや踊る女性などが丘の斜面に描かれているのが確認された。ほとんどの地上絵は、ナスカ文化から数百年さかのぼる2000年以上前に栄えたパラカス文化期のものとみられる。

 新たな地上絵はバイクなどの進入や長年の風雨による劣化で線が細くなるなどして見えにくくなっていたという。

Source :

yomiuri

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


3 × five =