平均寿命、男女とも過去最高 2017年厚労省

Source: nikkei

 

2017年の日本人の平均寿命は女性が87.26歳、男性が81.09歳で、ともに過去最高を更新したことが20日、厚生労働省の調査で分かった。16年に比べ女性は0.13歳、男性は0.11歳のプラス。過去最高の更新は男性は6年連続、女性は5年連続となった。男性は初めて81歳を超えた。国・地域別では、女性は昨年に引き続き世界2位だった一方で、男性は順位を1つ落として3位になった。

厚労省は「健康意識が高まり、生活習慣改善の取り組みが個人や企業の間で進んでいることが影響している」と分析。男女とも長寿化が進んでいる実態が改めて浮き彫りになった。

平均寿命は死亡率が今後も変わらないと仮定し、その年に生まれた0歳児があと何年生きられるかを表す指標。同省の試算では、17年生まれの男女が75歳まで生きる割合は男性が75.3%、女性が88.1%。90歳の卒寿まで生きる割合は男性が25.8%、女性が50.2%となりいずれも過去最高になった。女性の割合は初めて5割を超えた。

厚労省は、がん、心疾患、脳血管疾患の日本人の三大死因による死亡率の低下傾向が平均寿命を押し上げているとみている。

17年生まれの人が将来、がん、心臓病、脳血管疾患のいずれかで死亡する確率は男性が50.71%、女性45.96%。仮にこれらの病気で亡くなる人がゼロになれば、平均寿命が男性で6.81歳、女性で5.61歳延びると推定した。医療技術の進歩で、今後も平均寿命が延びる可能性がある。

17年生まれの日本人で半数以上が生存すると推定すると、男性は84.08歳、女性は90.03歳となり、平均寿命に比べて男性は2.99年、女性は2.77年上回った。同省は「平均寿命よりもより長く生きる人が多くなる」と指摘する。

日本人の平均寿命は戦後間もない1947年(男性50.06歳、女性53.96歳)からほぼ一貫して右肩上がりで延びており、女性は84年に、男性は13年にそれぞれ、80歳を超えた。

Source :

nikkei

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


4 × two =