爆薬TATP製造疑い 名古屋の大学生「公園で爆発」

Photo: nikkei

 

テロで使用されたこともある高性能爆薬「過酸化アセトン(TATP)」を製造したとして、愛知県警捜査1課は20日、名古屋市緑区の大学1年の少年(19)を爆発物取締罰則違反(製造・所持)などの疑いで逮捕した。同課によると、少年は3月に公園で爆発させたと話しており、「爆弾を造ってその威力を確かめたかった」と供述しているという。

TATPは2015年のパリ同時テロや16年のベルギー連続テロで使われたとされ、市販の薬品などで製造可能という。同課は少年が製造方法を知った経緯や、原材料の入手方法を調べる。

逮捕容疑は高校生だった16年12月、当時住んでいた同市名東区のマンションの自室で、約57グラムのTATPを製造。18年3月19日午後8時半ごろ、同区の公園に持ち込み、起爆剤に火を付けた疑い。この公園で爆発させたとみられる。

逮捕容疑はこのほか、17年2月に同じ部屋でTATPより威力が大きい爆薬「四硝酸エリスリトール(ETN)」を製造するなどした疑い。捜査1課によると、日本国内でETNの違法な製造や所持が確認されたのは初めて。

同課によると、3月19日午後8時45分ごろ、名東区の公園で「火柱が上がっている」「雷が落ちたような音がした」と近くの住人や通行人から110番通報や目撃情報があった。地面には黒く焦げたような痕があり、TATPを運ぶ際に使ったとみられる容器や爆発物の破片が残っていた。けが人はなかった。

同課は周辺の聞き込みや防犯カメラの映像などから少年を特定し、4月に自宅を家宅捜索した。少年の部屋からは爆薬の製造に必要なガラス容器や薬品のほか、約9グラムのETNが見つかった。

名東区の公園近くに住む女性(56)は3月に大きな爆発音を聞いた。「『ドッカーン』と地面からわき上がるような音がした」と振り返る。付近の住人は驚き、そろって家から飛び出してきた。女性は「爆発が怖くて、夜に一人で外を歩くのを避けていた。なぜこんなことをするのか分からない」と憤った。

Source :

nikkei

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


7 − 6 =