「土砂崩れ怖くて…」 豪雨被災地、避難所で一夜

Source: nikkei

 

台風12号の影響で、西日本豪雨の被災地では29日、住民らが避難所に身を寄せる姿が見られ、自治体が警戒を続けた。関西でも未明から朝にかけて風雨が強まり、交通などに影響が出た。

岡山県倉敷市では29日午前6時すぎ、高齢者や体の不自由な住民らに避難を求める「避難準備・高齢者等避難開始」を発表。伊東香織市長が防災無線を通じて「強い雨により土砂災害の恐れがある」と注意を促した。

多数の犠牲者が出た同市真備町地区では朝から雨が降り、断続的に強い風が吹いた。台風に備えて設置された避難所には高齢者や子どもの姿も。娘(5)と避難した女性(24)は「土砂崩れが怖くてここに来た。心配であまり寝られなかった」と疲れた表情を見せた。

広島県の災害対策本部には午前5時から担当職員全員が集まり、各自治体に住民の避難状況などを確認。大規模な土砂崩れがあった坂町は約4800世帯約1万1千人に、隣の海田町も約1600世帯約3800人に避難指示を出した。

愛媛県は午前10時から災害対策本部会議を開催。中村時広知事は「1人も犠牲者を出さないという強い思いで臨む。空振りに終わっても、早めの判断で動いてほしい」と関係機関に求めた。

奈良地方気象台によると、奈良県曽爾村で29日午前2時ごろまでの1時間降水量93.5ミリを観測。奈良市では、強風でアパートの屋根が吹き飛んだ。大阪府などによると、東大阪市で午前1時ごろ、男性が住宅の屋根から転落し左足の骨を折る重傷。門真市でも住宅のトタン屋根が飛ばされた。

JR西日本などによると、関西線(加茂―亀山間)などの一部路線で始発から運転を見合わせたほか、私鉄各線も運休が相次いだ。関西電力によると、管内で延べ約3万2千件が停電した。

Source :

nikkei

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


3 × one =