小田急、海老名に鉄道ミュージアム建設へ 私鉄で最大級

Source: asahi

 

小田急電鉄は27日、神奈川県海老名市に同社の歴代特急車両などを展示する「ロマンスカーミュージアム」を建設すると発表した。2021年春にオープン予定で、年間27万人の入場者を見込む。

小田急小田原線の海老名駅に隣接する社有地に、鉄骨2階建て(延べ床面積約4400平方メートル)の施設を建設する計画。同社によると、私鉄の同種施設では最大級の規模という。

1階には、1957~92年に運行された「SE」(3000形)など歴代ロマンスカー5種類の車両と、開業当時の車両「モハ1」が展示される。2階には、小田急沿線のジオラマ、運転シミュレーター、カフェ、グッズショップなどが入る予定。

入場料は未定。同社は「幅広い方々に興味関心を持っていただけるような施設にしていきたい」(広報担当者)としている。

Source :

asahi

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


five + 8 =