「支援金」と「義援金」、お金が届く相手が違います

Source: huffingtonpost

 

「支援金」と「義援金」、お金が届く相手が違います

西日本豪雨災害の被災地に届ける「支援金」や「義援金」の募集が始まっている。「被災地の役に立ちたい」という気持ちがこもったお金だからこそ、使われ方を理解しておきたい。改めて、「支援金」と「義援金」の違いって――。

被災地への支援金募集を始めた日本財団によると、支援金とは自分が応援したい団体、関心がある分野の団体を選んで寄付し、被災地の支援活動に役立ててもらうお金。財団では、避難所へのトイレ設置、ボランティアセンターの運営などの使い道を想定している。

一方、義援金とは、被災者にお悔やみや応援の気持ちを込めて直接届けるお金。日本赤十字社によると、個人や企業などから寄せられた義援金は、各自治体の義援金配分委員会で協議のうえ、市町村を通じて被災者に直接、届けられるという。

「義援金と支援金の違い」は、日本財団のHP(https://www.nippon-foundation.or.jp/what/spotlight/tohoku_earthquake/infographics/)で、わかりやすく図解している。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


nineteen + thirteen =