頭が良いことで知られる動物といえば、人間に近い霊長類のチンパンジーやゴリラだが、ゾウも意外な行動を取り、賢さを見せつけることがあるようだ。

なんでも、タイにあるゾウの楽園で「子ゾウに子守唄を歌って~!」と飼育係を催促するゾウが激撮され、そのほのぼのとした光景が話題になっているので紹介したい。しかも、本当に飼育係の唄で子ゾウが眠りの態勢に入るからビックリなのである!

・子ゾウがいる場所へ飼育員を追い立てるゾウ

米ニュースサイト『Laughing Squid』によると、ゾウに子守唄を歌って眠りにつかせてしまうのは、タイのチェンマイにあるエレファント・ネイチャー・パークで飼育係を務めるレク・チャイラートさんだ。

話題の動画「Faamai wants Lek to sing a lullaby to baby elephant, Thong Ae」には、観光客と談話したり記念撮影に興じるレクさんが写し出されている。すると、一緒に写真に収まっていたゾウ “ファーマイ” が、なにやら長~い鼻で彼女を促し、追い立て始めたではないか。

・「子守唄を歌ってあげて!」と催促していた様子

最初、レクさんはファーマイがどこへ連れて行こうとしているのか分からなかったそうだが、最終的に彼女が導かれたのは子ゾウのソン・エーのもと。

そう! いつもレクさんがゾウに子守唄を歌って聞かせているため、ファーマイは「早くソン・エーに歌ってあげて!」と催促していたようなのである。ゾウが普段の習慣を覚えていて、その行動を本当に催促していたとしたら相当賢いと言えそうだ。

・子守唄で子ゾウが眠りの態勢に!

こうして、やっとファーマイの意図を察したレクさんが唄を歌いながらソン・エーの体をなではじめると……なんと子ゾウがゴロ~ンと地面に寝転がり、すっかり寝る準備に入ったからビックリである!

彼女とゾウの触れ合いを見ているとほのぼのとした気分になるだけでなく、動物と人間を超えた固い絆を感じて感動すら覚えてしまうのであった。

ちなみに、ファーマイはソン・エーの母親ではないが、自分の子供のように可愛がっているのだそうだ。そんな2頭の深い絆も、動画から十分伝わってくるのではないだろうか。

▼子ゾウに子守唄を歌って聞かせる飼育係の動画


頭が良いことで知られる動物といえば、人間に近い霊長類のチンパンジーやゴリラだが、ゾウも意外な行動を取り、賢さを見せつけることがあるようだ。

なんでも、タイにあるゾウの楽園で「子ゾウに子守唄を歌って~!」と飼育係を催促するゾウが激撮され、そのほのぼのとした光景が話題になっているので紹介したい。しかも、本当に飼育係の唄で子ゾウが眠りの態勢に入るからビックリなのである!

・子ゾウがいる場所へ飼育員を追い立てるゾウ

米ニュースサイト『Laughing Squid』によると、ゾウに子守唄を歌って眠りにつかせてしまうのは、タイのチェンマイにあるエレファント・ネイチャー・パークで飼育係を務めるレク・チャイラートさんだ。

話題の動画「Faamai wants Lek to sing a lullaby to baby elephant, Thong Ae」には、観光客と談話したり記念撮影に興じるレクさんが写し出されている。すると、一緒に写真に収まっていたゾウ “ファーマイ” が、なにやら長~い鼻で彼女を促し、追い立て始めたではないか。

・「子守唄を歌ってあげて!」と催促していた様子

最初、レクさんはファーマイがどこへ連れて行こうとしているのか分からなかったそうだが、最終的に彼女が導かれたのは子ゾウのソン・エーのもと。

そう! いつもレクさんがゾウに子守唄を歌って聞かせているため、ファーマイは「早くソン・エーに歌ってあげて!」と催促していたようなのである。ゾウが普段の習慣を覚えていて、その行動を本当に催促していたとしたら相当賢いと言えそうだ。

・子守唄で子ゾウが眠りの態勢に!

こうして、やっとファーマイの意図を察したレクさんが唄を歌いながらソン・エーの体をなではじめると……なんと子ゾウがゴロ~ンと地面に寝転がり、すっかり寝る準備に入ったからビックリである!

彼女とゾウの触れ合いを見ているとほのぼのとした気分になるだけでなく、動物と人間を超えた固い絆を感じて感動すら覚えてしまうのであった。

ちなみに、ファーマイはソン・エーの母親ではないが、自分の子供のように可愛がっているのだそうだ。そんな2頭の深い絆も、動画から十分伝わってくるのではないだろうか。

参照元:YouTubeLaughing Squid(英語)
執筆:Nekolas

▼子ゾウに子守唄を歌って聞かせる飼育係の動画

▼ファーマイもレクさんの唄で眠りに落ちてしまった!\

Source :

rocketnews24

Next Post

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

thirteen − 5 =

Translate

Popular Post

パイロットがアルコールテストに不合格になった後、日本の飛行機が遅れた

新しい規則にもかかわらず、副操縦士がアルコール呼気検査に失敗した後、今週初めに日本全日本空輸の国内線が遅れた。 飛行乗組員の飲酒を含むいくつかの事件が見出しに当たった後、日本がパイロットによるアルコール消費を抑えるための新たな規制を導入した後にこの事件が起こりました。 火曜日に、ANA副操縦士は322人の乗客と一緒にボーイング777を日本の西部の神戸から東京の羽田空港に飛ばすことになっていました。 しかし彼は呼気検査に失敗し、飛行の約6時間前に彼のホテルの部屋でビール1杯とアルコール飲料の半分の缶を消費したと言った。 交換用のパイロットが発見された間、飛行は1時間以上遅れました。 航空会社は声明の中で、それは「厳密に」事件を扱うだろうと述べた。 それは飛行の24時間前までにアルコールを飲むことからパイロットと共同パイロットを禁止しました。 昨年末、イギリスで日本航空副操縦士が逮捕され、飛行直前に法定限度の10倍近くの血中アルコール濃度で発見された後、10ヶ月間刑務所に投獄された。 彼は伝えられるところによれば飛行前夜に6本以上のワイン2本と1.8リットル以上(米国の4パイント近く)のビールを消費していた。 1月の規則変更の前は、日本は飛行前の航空機乗務員による飲酒に法的制限はなく、呼気検査は必要ありませんでした。

Read more