「マリオ」衣装で公道カート、任天堂が差し止め勝訴

Photo: nikkei

 

ゲームキャラクター「マリオ」などの衣装を客に貸して公道カートを走らせる行為などが著作権の侵害にあたるかが争われた訴訟の判決が27日、東京地裁であった。判決は任天堂の請求を認め、1千万円の支払いと衣装貸与などの差し止めをレンタル会社側に命じた。任天堂が同日、明らかにした。

任天堂は2017年2月、レンタル会社「MARIモビリティ開発」(旧社名マリカー、東京・品川)と社長を相手に提訴した。

任天堂によると、レンタル会社側は人気ゲーム「マリオカート」の略称である「マリカー」を社名に使用した。公道を走れるように改造したカートを外国人観光客などに貸す際、利用客にマリオなどの衣装を貸し出していた。

裁判で任天堂はこうした行為が著作権侵害や不正競争行為に当たると主張。レンタル会社側は「公道を走らせる事業などは別の企業がしている」として請求棄却を求めていた。

任天堂は同日、「おおむね主張が認められた。知的財産侵害には今後も必要な措置を講じていく」とコメント。一方、レンタル会社側は「一部主張が認められず誠に遺憾。内容を精査して対応する」としている。

Source :

nikkei

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


17 − nine =