「インクレディブル・ファミリー」がアニメ映画として全米史上No.1のオープニング成績

Source: eiga

 

ピクサー最新作「インクレディブル・ファミリー」(ブラッド・バード監督)がアニメ史上最高の興行成績で北米デビューを飾ったと、エンターテインメント・ウィークリー誌が報じた。

「Mr.インクレディブル」から14年ぶりの続編として6月15日(現地時間)、北米4410館で封切られた同作は、公開3日間で興行収入約1億8000万ドルを突破。アニメ映画としては、同じくピクサー作品「ファインディング・ドリー」が2016年に樹立した1億3510万ドルを突破し、歴代1位となった(実写映画を含めると第8位)。ちなみに前作「Mr.インクレディブル」のオープニング成績は、7050万ドルだった。

実際に映画館に足を運んだ観客の満足度を示すシネマスコアも最高ランクのA+を記録していることから、今後もヒットを続けていくことになりそうだ。なお、「インクレディブル・ファミリー」は、ヒーローとしての活動を禁じる法律を白紙に戻すために、母のヘレンが極秘のヒーロー活動、父のボブが家事と育児を担当するというストーリー。映画は、8月1日から全国で公開。

Source :

eiga

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


20 − four =