『デッドプール2』は「続編」の理想形として、コミック映画の歴史に残るだろう

Source: wired

 

前作から2年が経った。『デッドプール』1作目のどこがそんなに楽しめたのか、いまとなってはピンポイントではっきり指摘するのは難しい。派手なアクションやスクリーンから観客に話しかけてくる表現のおかげか、またはフィクションと現実を隔てた「第4の壁」を破ったからか。四文字言葉が満載のセリフや、薬物やマスターベーションがらみのきわどいジョークも、もちろん無関係ではない。

清廉潔白なスーパーヒーロー映画で埋め尽くされた美しい海を嬉々として汚しまくり、血だらけにしたのが、1作目の『デッドプール』である。その完璧なR指定映画は、全世界で興行収益7億8,300万ドル(約867億円)を超える大ヒットを記録した。

それだけの成績を収めれば、続編の製作は確実だった。しかし当然、続編の場合、1作目にはない新たな課題を最初から抱えることになる。つまり、前作に負けない作品をつくらねばならないのだ。

理論上では、それもさほど難しくはないはずだ。主演のライアン・レイノルズや、代表作に映画『アトミック・ブロンド』をもつ監督のデヴィッド・リーチは、今回、前作よりも多額の資金を使えただろう。

キャストもさらに豪華になっている。テレビシリーズ『アトランタ』で知られるザジー・ビーツ(運を操るドミノ役)、マーベル映画ではあの悪党サノス役で活躍のジョシュ・ブローリン(サイボーグのケーブル役)も加わった。

ふざけきったオープニング・クレジット
しかし、巨額の金でも、スターの力でも、つくり出せないものがある。驚きという要素だ。前作『デッドプール』では、このキャラクターの筋金入りファン以外は誰も予想できないところから、多くのものを引き出せた。

続編ではその手が通用しない。1作目が上げた噴煙に乗って安きに流れることはできるし、そういう続編が多いことも事実だ。そうした作品は、完全に期待外れに終わりかねない。

そんななか、『デッドプール2』は原作に匹敵する作品となったばかりか、オリジナルが膝を屈するほどの出来栄えとなった。ヒーローは続編で新たな脚を与えられて走り出したのだ(これは比喩だが、同時にプロット上のポイントでもある)。

『デッドプール2』はマーベルコミックのヒーロー、ウルヴァリンの登場で幕を開ける。いや、正確にはウルヴァリンの像だ。主役のデッドプールことウェイド・ウィルソンは、マーベル仲間のウルヴァリンもR指定映画に出たのがうれしくてたまらない。そして、まさに『LOGAN/ローガン』のラストのように、木に磔になったローガンのミニチュアを示して、爪をもつヒーローの死を祝う。

そこから画面は切り替わり、ガソリン缶の上に大の字になって煙草を吸うデッドプールが現れる。「実はな、ウルヴィー? 今度は俺も死ぬんだ」。そう彼は言い、煙の立ち上る煙草を指で弾く。そのまま彼は、自宅アパートメントもろとも、粉々になって吹き飛ばされる。片腕が手の中指を突き立てたまま、観客に向かって飛んでくる。

もちろん彼は生き残る。フラッシュバックでシーンが早送りされ、観客は彼が死にたいと思ったわけを、そしてどうやってその死の願望を乗り越えたかを知らされる。スパイ映画『007』のテーマをもじったイントロにかぶせて、世界的歌姫のセリーヌ・ディオンが歌うテーマ曲が流れ出し、皮肉たっぷり、ふざけきったオープニング・クレジットが現れる。

強い物語性と山場が生まれた理由
コロッサス(声:ステファン・カピチッチ)と、ブリアンナ・ヒルデブランドが演じるネガソニック・ティーンエイジ・ウォーヘッドに引っ張り出され、救われたデッドプールは、ミュータントであるX-MENたちが通う学園「Xマンション」に戻り、次第に回復してゆく。

X-MENのなかではまだ新米のデッドプールだが、優れた能力をもつ孤児のラッセル(『ハント・フォー・ザ・ワイルダーピープル』で素晴らしい演技を見せたジュリアン・デニソンが演じている)と出会う。ラッセルは自分を虐待した院長への復讐のため、孤児院を焼き払おうとする。

デッドプールは止めようとするが、結局はラッセルに手を貸し、揚げ句の果てに2人は「アイスボックス」と呼ばれるミュータントの牢屋に閉じ込められる羽目になる。

そこに登場するのが未来から来たサイボーグ、ケーブルだ。このキャラクターは、デッドプールの言葉を借りれば「ウインター・ソルジャー(別のマーベル映画に登場するヒーロー)の腕をもつクソ野郎」である。ヒットラーを子どものときに殺しておけばよいという奇妙な論理と同じで、ラッセルを殺そうとやって来る。

ラッセルは逃れるが、それをきっかけにさまざまな出来事が続き、デッドプールの「前向きに考え、性の区別をしない」“X-フォース”スーパーチームの結成へとつながる。これが『デッドプール2』に、前作よりはるかに強い物語性と山場を与える。

途切れずに続くネタとパロディ、皮肉とジョーク
『デッドプール』続編がシリアスな映画になったということではない。レイノルズがレット・リース、ポール・ワーニックと組んで書いた脚本の素晴らしさは、2作目でもやはり、ジョークと視覚的なギャグにある。

コミック・ファンを喜ばせるセリフもある。『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』の重要なセリフ「マーサを救え」はジョークに変えられ、ドミノは「足を描けない漫画家」につくられたと言われる。

さらに、ポップ・カルチャー全般からのネタもある。個人的に気に入っているのは、コミックと合体して「第4の壁」を突破したノルウェーのバンド、a-haの「テイク・オン・ミー」のミュージックヴィデオをたたえるところだ。

“X-フォース”の初めてのミッションは、テレビドラマ「冒険野郎マクガイバー」のパロディ映画『ほぼ冒険野郎 マクグルーバー』から、一番いいかたちで取り入れたようにも思える。スタンダップ・コメディアンのロブ・デラニーがカメオ出演しているのも、なんとなく腑に落ちる。

デラニーの登場は早くもカルトファンの間で評判になっている。これできっぱり、レイノルズ主演の悲惨な作品『グリーン・ランタン』にも終止符を打つことができた。

もちろん、誰もが『デッドプール2』の魅力にはまるとは限らない。『ロサンジェルス・タイムズ』紙のジェン・ヤマトは、今作が往々にして前作と「同じことの繰り返し」に感じられると書いている。

確かに正しい指摘だ。今作は、詰め込まなければ意味のない映画なのだから。皮肉と単発ジョークが途切れることはほとんど皆無に近い。

称号を受け付けない、第3のヒーロー像
この作品のアクションシーンは、ドミノがチームに加わってから、ルーブ・ゴールドバーグの描くややこしい漫画もかくやというくらい、複雑で見事なものになる(リーチは監督に転身する前、長年スタントマンやスタント・コーディネーターを務め、『アトミック・ブロンド』で証明されたように格闘シーンを熟知している)。

しかし、からかいだらけのなかに、単なる派手なアクションシーンを超えた「革命的なスーパーヒーロー映画」と呼びたくなる要素が隠れている。

さらに言えば、いまのハリウッドでは、スマートでキラキラしたマーベルヒーローと、暗く陰りのあるDCヒーロー、その2つの柱がコミックを原作とする映画を支えている。だが、ときにはその枠を外れるのもいいものだ。

『デッドプール2』は意外なほど感動的な結末に至り、この続編が本当に映画作品を目指していたことが明らかになる。話を進めるための小道具にすぎないジョークばかりの映画ではない。ここにはちゃんとストーリーがあり、感情があり、そしてそれは本物なのだ。

とはいうものの、やはり『デッドプール』の続編であることには違いない。クレジットが流れ出すなり、ほかのマーベル映画を見せられているようなシーンが差し込まれ、「第4の壁」の軽さがすっかり戻ってくる。しかし、これこそヒーローもの映画のなかで、このシリーズだけを際立たせる要素なのだ。

『デッドプール2』は、オープニングと同じように締めくくられる。図々しく自らをヒーローと呼び、その称号を真面目にとらえるすべての人間に向けて、この映画は中指を立てて突きつけてみせるのだ。

Source :

wired

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


1 × two =