こう見えても、私も昔はお肌スベスベ、透き通るような白い肌で、それはもうプリンプリン物語だったのだ。特に18〜19歳あたり「栄光の時代」のピチピチっぷりときたら、「光の国からやってきた奇跡」だとか「世田谷のマイケル」とか「たったひとりのジャニーズ事務所」だとか、自分で自分を呼んでいたものである。

それが今となっては、いとも簡単に「おじさん」と言われる始末。事実38歳だが、「おじさん」と呼ばれることには全身全霊で遺憾の意! ということで対策をとってみた。ダイソーで売っていた『リフトアップテープ』を使ってみたのだ。

パッケージの文言だけで心が踊る。なにせ「肌を引き上げて とめるだけ エイジング対策」で、「頬も目尻もフェイスラインも キュッと引き上げて すっきり」で、「肌になじみ目立たない透明マット20枚」なのに価格は100円ぽっきり!

さらに裏面の文言を見て、私は「これならイケる」と確信した。なぜならば……


貼ったまま外出もOK


よし! 外出できるほどの透明テープ、よし! これなら絶対に「脱おじさん」できる!! よしよしよ〜し! 20枚ぜんぶ貼っちゃおう٩( ‘ω’ )و

とりあえずは説明書通り、目尻にテープを貼ってみることにした。

まずは普通にテープを貼り……

ググッと引き裂くように引っ張って……

固定して……

フィルムをはがせば……

ほぼ見えない!!

これを「リフトアップ」したいところに貼りまくれば良いのだな。よしよしよし……ということで、最も気になっている「ほうれい線」から着手!

どこに貼れば「ほうれい線」が消えるのかよくわからないまま、「ここかな?」的なところに貼ってみると……


\(^O^)/ ほうれい線は、消えた \(^O^)/


続いては、笑った時にシワシワ〜ッと入るようになった「目尻」の改造に着手!

そこはかとなく桂三枝っぽくもあるが……


どう見ても老けちゃってんだけど!


ならば今度は、口角などをリフトアップ……


したつもりが……


なぜか松井秀喜みたいになった!

たまにトミーズ雅っぽくもなりつつ……

最終的には……


\(^o^)/ 狩野英孝みたいになった! \(^o^)/


てな感じで、結果的に若返りはしなかったが、まさかここまで顔が変わるとは思わなかった。テープの使い方を極めたら、美容整形レベルの劇的変化を得ることも可能だろう。よって、研究次第で、栄光の時代を取り戻すことは可能だ。可能、栄光!

Source :

rocketnews24

Next Post

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

four + 4 =

Translate

Popular Post

は世界最高のものですが、日本のクラフトビールはどうですか?

2014年、日本は、世界的に有名なジム・マレーが「ワールド・ウイスキー・オブ・ザ・イヤー」を選んだとき、世界を驚かせました。 100 「信じられないほどの天才」と彼は書いた。 "現時点ではスコッチがどこにも近づくことができないシングルモルト。" それ以来、日本は独立したウイスキーシーンの最愛の人であるニッカ、サントリー、キリン、秩父のような住宅に賞賛を集めてウイスキーの世界を席巻しました。しかし、ウイスキーを持っているすべての才能のために、日本人はまだ別の西洋の飲み物を習得していません:クラフトビール。 ニセコを拠点とするBar Gyu +と夫の渡辺久の共同所有者であるIoanna Morelliは、次のように述べています。 「日本は夏の間は暑い国であり、朝日やキリンのような主要なプレーヤーは本当に人気がある「スーパーコールド」または「サブ0」ピルスナーを持っています。」 ここ数年で、一握りの日本の工芸品醸造所が全国各地にオープンし、成功の度合いはさまざまです。 「良いビール醸造所は本当に素晴らしい」とビールとワインバーのオーナー、オーストラリアのミックニッポン氏はニセコでも言った。 「悪い人はただひどいのです」 問題の一部は日本の自家製の醸造文化の欠如から生じています。アラバマ州とミシシッピ州は2013年まで合法化していませんでしたが、大多数の州では、自家醸造は1978年に合法化されました。免責 この法律は、さまざまな種類の酵母を専門とするホップファーム、モルトハウス、および実験室に対する需要を生み出し、また、いつの日かは活況を呈している産業を支える強力な知識基盤を生み出しました。それとは対照的に、日本では、1%を超える自家製ビールは違法です。地元の人々は、彼らが大声で宣伝しない限り誰も気にしないと言いますが、合法的な赤字は自家製の醸造コミュニティが小さいままでいることを保証します。 今日、日本の自家醸造業界は主に外国で技術を学び、自分たちの機器を日本に持ち込む外国人によって運営されています。彼らが去るとき、彼らはしばしば他の元パットまたは地元の人々に彼らの機器を売る。 クラフトビールバーMikkeller TokyoのオーナーであるHamilton Shieldsは、ニセコのMick's Placeで夏を過ごしました。...

Read more