百貨店など営業再開 札幌、食品求める人々

Photo: nikkei

 

震度7を観測した地震の影響で、停電に見舞われた札幌市内の百貨店の食品フロアやショッピングモールなどが8日、営業を再開した。被災後初めての土曜日で停電もほぼ解消。生鮮食品や日用品などを求めて多くの人が訪れた。

札幌駅近くの大丸札幌店には、午前10時の開店前に約400人が並んだ。3人の子どもと、生肉などの食料品を購入した札幌市北区の主婦、藤野賀奈代さん(36)は「買い占めてはいけないと思い、家にあった食べ物で過ごした。今後どうなるか分からなかったので、ほっとしている」と話した。

「今まではカップ麺ばかりだった」というのは、同じ北区の男子学生(20)。「冷凍食品や野菜を購入し、自分で調理してご飯を食べられることは当たり前だけど幸せだ」と笑顔を見せた。

大丸札幌店によると、地震のあった6日と翌7日は全館休業。建物内の安全点検をしてから営業を再開した。すぐに食べられるおにぎりや総菜に人気が集まったほか、お菓子を販売している店舗では、お土産を買い求める観光客も多かった。

札幌市東区にあるショッピングモールのアリオ札幌にも、開店前から約300人の列。6カ月の息子がいる同市手稲区の会社員岩松希望さん(36)は、お菓子や離乳食を冷凍するパックが欲しかったといい「必要な物が買えてひとまず安心した。ただ、パンや牛乳が無かったのが残念。早く元通りになってほしい」と語った。

Source :

nikkei

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


3 − 1 =